あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

コレステロール一覧

脂質異常症(高脂血症)の診断を受けた方に、コレステロール値をさげるためにどのようなことを試してみたのか聞いてみました

掲載日:2017年05月02日

目次

脂質異常症(高脂血症)の診断を受けた時の症状を聞いてみました


高血圧治療の為に病院で診察を受けた際、血液検査を受けた際、判明した。元々こってりした食事が好みで、甘いものも多く摂るようになったのも一因ではないか。 特に自覚症状はなかったし、しいていえばやや肥満であることである

男性 30代後半 無職


会社の法定健康診断の結果でHDLコレステロールの数値が基準値以上だった。その時の体調はメタボリックシンドロームに当てはまるので、結果としては納得でそうなって当然だと思ったが、自覚症状としては全くなかった。

男性 30代後半 会社員


健康診断でコレステロール値が高いため医師から指摘を受け服薬することになった。更年期を迎えたころでもあり、体調の変化が一気に訪れた感じだった。不調な時が多かったため横になって過ごすこともあり運動不足が原因の1つと考えられる。また、間食も多かった。

女性 50代前半 主婦


脂質異常症(高脂血症)の改善のために、どのようなことを試してみた聞いてみました


処方されたクレストール5mgの摂取、ダイエットに効果のあるサプリの摂取を行った。食事もこってりしたものをなるべく控えるようにした

男性 30代後半 無職


病院にいって、コレステロールを下げる薬を出してもらった。また、なるべく揚げ物を食べないように食生活を改善した。

男性 30代後半 会社員


更年期障害の症状がつらく体調が思わしくないことが多かったのでコレステロールに関しては服薬に頼り特に改善を試みなかった。ただ間食は回数を減らした記憶がある。

女性 50代前半 主婦


脂質異常症(高脂血症)を改善する際に、実際に効果があったと思ったことを聞いてみました


こってりしたものを控え、あっさりとした食事を多くすることが良かったと思う。それとなるべく野菜を多く摂ることもこうかがあったのかもと思う

男性 30代後半 無職


病院で処方された薬は効果があったと思う。食生活のほうはどれほど効果があったかどうか自分ではわからない。

男性 30代後半 会社員


間食については回数を減らしたが特に改善は見られなかったと思う。服薬が功を奏しコレステロール値は正常なった。現在は毎日のウオーキングは欠かさない。効果を期待する。

女性 50代前半 主婦


脂質異常症(高脂血症)を改善する際に、効果がなかったと思ったことを聞いてみました


間食を減らしたことで効果があったかはわからない。クロレラを飲んでいた時期もあるがあまりに高価すぎて続けることができなかった。

女性 50代前半 主婦


脂質異常症(高脂血症)の予防として、普段から気をつけていたり、改善するために行なっていることなどを聞いてみました


処方された薬はきちんと摂取し、野菜を多く摂る、そして野菜が取りにくい場合は野菜系飲料で補うこと。食事自体もあっさり系を多くすること

男性 30代後半 無職


毎日1時間から2時間ほどウオーキングをしている。間食も食べすぎないようにほどほどにし、なるべく総菜などを買わず、自分で野菜を多く使った料理を作るようにしている。

女性 50代前半 主婦


脂質異常症(高脂血症)になって、もっと早くに知っておきたかったことや困りごとを聞いてみました


30代になって徐々に気になり始めることだと思うけど、やはり20代のうちから気にしたほうが良かったと思う。どうしてもこってりとしたものが好みだと、そのままその食習慣が続いてしまうので、早いうちから少しずつでもあっさりとしたものが好みになるように意識したほうがいいと思う

男性 30代後半 無職


更年期障害で体調不良が続き寝込むことが多かったので運動不足になってしまった時期が長かったことがいけなかったと思う。適度な運動は更年期障害にも効果があり、多少無理をしてでもストレス発散に体をうごかしておくべきだったと今は反省している。体力も落ちてしまったのでなかなか回復に時間がかかってしまった。食事だけでなく、適度な運動がとても大事だと強く実感している。

女性 50代前半 主婦


この記事を見ている方がよく見ている経験談



コレステロールでお困りの方に

コレステロール値(LDLコレステロール値)を下げようとされた経験をお持ちの方に、薬や食事について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脂質異常症(高脂血症)になって、もっと早くに知っておきたかったことや困りごとを聞いてみました」のような質問に対して、「30代になって徐々に気になり始めることだと思うけど、やはり20代のうちから気にしたほうが良かったと思う。どうしてもこってりとしたものが好みだと、そのままその食習慣が続いてしまうので、早いうちから少しずつでもあっさりとしたものが好みになるように意識したほうがいいと思う(男性 30代後半 無職)」

「更年期障害で体調不良が続き寝込むことが多かったので運動不足になってしまった時期が長かったことがいけなかったと思う。適度な運動は更年期障害にも効果があり、多少無理をしてでもストレス発散に体をうごかしておくべきだったと今は反省している。体力も落ちてしまったのでなかなか回復に時間がかかってしまった。食事だけでなく、適度な運動がとても大事だと強く実感している。(女性 50代前半 主婦)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

みんなの体験談
6000件以上の治療体験をあなたの治療に役立ててください

コレステロールの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する