あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脳梗塞一覧

きっかけは家族の指摘から。脳梗塞、症状や受診のきっかけなどを経験者に聞きました

掲載日:2017年09月25日

目次
きっかけは家族の指摘から。脳梗塞、症状や受診のきっかけなどを経験者に聞きました

あなたの脳梗塞の予兆は?


朝起きた後、女房に言葉が不明瞭と言われ、そうかなと思っているうちに徐々に右手足の動きが鈍くなし動けなくなった。着替えに行こうとしたが座って着替え女房に救急病院に自家用車で受診、病院に入るのは車椅子でなければ難しくなっていた。

男性 50代後半 医師


急なめまい、ふらつき、頭痛があり、しばらく様子を見ていたが、数日たっても症状が治まらず、自分で眼振を感じたためただならぬ病気かもしれないと感じたので、家族の勧めで病院を受診したところ、大きな病院に救急搬送され、緊急入院となった。

男性 50代後半 自営業


予兆はなく朝起きたらすでに体が動かなく家族が救急車を呼び救急隊員がおそらく脳梗塞だろうということで病院に到着してそのまま入院になり点滴をしたがその後脳が腫れて手術になり片麻痺になりリハビリテーションをした

男性 40代後半 無職


脳梗塞が発症したとき、まずはどう対応しましたか?


自分の手足を動かしてみて異常を確認しすぐに救急病院を受診した。場合によっては救急車を呼んでも良かったかもしれない。

男性 50代後半 医師


とりあえず安静していたが、症状は収まるどころか強くなってきた。 運転はさすがに無理と思ったので、家族に病院へ送って行ってもらったが、専門医へ紹介され、そこから入院設備のある大病院へ救急車で搬送されて、入院した。

男性 50代後半 自営業


意識はあったが自分で動くことができず家族が救急車を呼び病院で検査してそのまま入院治療になったその後転院してリハビリを継続して通院している

男性 40代後半 無職


脳梗塞の治療法を聞きました


入院、CT、MRI検査、自分が医師だけに症状から出血ではなく梗塞と感じていた。点滴血栓溶解剤投与を受けた。

男性 50代後半 医師


心筋梗塞を既往していたので、まずは薬の置換を行い、MRI等の検査を行った。そのあとは投薬と安静のみで、特段変わった治療は何も行っていない。 通院はしていない。

男性 50代後半 自営業


人工骨を入れる手術をした後片麻痺があるのでリハビリ専門の病院に通院してリハビリを毎週行っています持病の糖尿病にも気を付けています

男性 40代後半 無職


脳梗塞の治療で一番つらかったことを聞きました


入院治療のストレスで顔面神経麻痺を発症した。リハビリは自分でやるものとがんばった。仕事復帰ができるか不安があったこと、

男性 50代後半 医師


投薬で症状は緩和したが、退院後も正常な状態に戻るまで1カ月以上もかかり、車の運転もままならず、田舎暮らしのため、外出その他がほとんど制限された。

男性 50代後半 自営業


左手がまったく動かなくなって好きだった楽器の演奏ができないことのせいしんてきな落ち込みが抜けなかったことが一番つらい

男性 40代後半 無職


脳梗塞の予防法を聞いてみました


クスリを忘れず一生続ける。病院受診も継続する。水分摂取亜日2リットル以上を心がけている。ダイエット。

男性 50代後半 医師


原因の一つとして服薬の忘れが指摘されたので、服薬管理がメインのものだった。幸い後遺症はなかったので、運動その他のリハビリもなく、徐々に回復するのを待つほかなかった。

男性 50代後半 自営業


血糖値の管理に気を使って塩分を控えて動脈硬化に気負付けるようにしてできるだけ体を動かすようにしています

男性 40代後半 無職


脳梗塞になって感じたことや、教訓、お困りの方へのアドバイスを聞きました


信頼できるのは、頼りになるのは生計を一にする家族のみと思った。他はそれぞれの都合で心配してくれるのがよくわかった。幸い職場復帰できてよかった。クスリを続けることは再発予防に欠かせないと思った。同じ食生活の家族も心配。

男性 50代後半 医師


当たり前のことだが、服薬はきちんとしなければならないと、改めて思った。 わかってはいたつもりだったが、既往の心筋梗塞と脳梗塞は不可分の関係にあり、長い服薬生活に「なれ」が生じたのかもしれない。 常日頃からの食生活や運動を心掛けるしか予防法はないと思われる。

男性 50代後半 自営業


世の中のほとんどのものが片手で扱うということに対応していなくて生活のちょっとしたことでもかなりのストレスを感じとても生きづらさを感じていやになることがとても多い。周りの目も気になり外出がめんどうになる。特に冬の雪道など歩くのが大変で怖い

男性 40代後半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



脳梗塞でお困りの方に

脳梗塞に関しての経験を持つ方々に、リハビリや症状について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脳梗塞になって感じたことや、教訓、お困りの方へのアドバイスを聞きました」のような質問に対して、「世の中のほとんどのものが片手で扱うということに対応していなくて生活のちょっとしたことでもかなりのストレスを感じとても生きづらさを感じていやになることがとても多い。周りの目も気になり外出がめんどうになる。特に冬の雪道など歩くのが大変で怖い (男性 40代後半 無職)」

「当たり前のことだが、服薬はきちんとしなければならないと、改めて思った。 わかってはいたつもりだったが、既往の心筋梗塞と脳梗塞は不可分の関係にあり、長い服薬生活に「なれ」が生じたのかもしれない。 常日頃からの食生活や運動を心掛けるしか予防法はないと思われる。 (男性 50代後半 自営業)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

脳梗塞の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する