あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脳梗塞一覧

脳梗塞で身体に異変!はじめに取った対処法は?経験者聞いてみました

掲載日:2017年05月01日

目次

脳梗塞発症!はじめに取った対処法は?


自分としては当時はまだ意識があったので病院は翌日(その日は午前診療だったこともあり)にでも行こうと思っていたが様子を心配した同僚が車で近くの大学病院に連れて行ってくれた。

女性 50代前半 主婦・主夫


気持ち悪かったので、まず吐いてひとまず安静にしました。それでも頭痛は収まらず痛みも続いたので、すぐに病院に連れて行ってもらいました。

男性 50代前半 会社員


主人にやばいと言われ、救急に電話をしたが、精神科で貰っている薬のせいだと言われ精神科に直行したが、主治医は日頃飲んでいて急にそんなふうになることはないとの判断で、半身動きがままならないまま主人にしがみつきながら歩き、次は整形外科へ。こちらも薬を頂いていたのでとりあえず回る事に。しかしいつも全く違うと言われて整形外科の受け付けの方が裏に脳神経外科があるから行ってみてはと言われ、そこから歩くこと15分で脳神経外科へ。 そこでCTを撮ってもわからなかったが先生曰く脳梗塞だろうから紹介するところに行って下さいと言われて大病院へ。そこで初めてMRIを撮り脳梗塞と解り即入院になりました。

女性 50代前半 主婦・主夫


脳梗塞の予兆や症状を聞きました


寝起きで歩いたら、雲の上を歩いている感じでフワフワ足がおかしく、パソコンを開いて右手でのタッチが全くできなかった。疲れのせいだと思いまた床についてしまった。 翌日また同じ症状があり、主人に言われ病院へ。

女性 50代前半 主婦・主夫


最初(朝)に左半身の痺れ、意識はしっかりしていたので重大な病気とは疑わずに普通に会社へ出社。日中業務をこなすも左半身の痺れはおさまらずその後に自力では立ち上がることもできず病院へ行くと脳梗塞との診断そのまま入院となる。

男性 50代前半 会社員


頭痛がだんだん激しくなっていき、吐き気とめまい、手のしびれが襲ってきた。それは、運転中だった。普段の頭痛とは違い、手のしびれが生じることと、目がちかちかしてきて視界が狭くなることである。片頭痛とは症状が似ているが、市販の頭痛薬では効かない。

男性 30代前半 フリーター


脳梗塞、その後の療法を聞きました


点滴治療で様子を見ると言われました。幸い梗塞も小さかったし早期だったようで点滴治療で右半身の麻痺は直ぐ治りました。が、1週間点滴治療の後はリハビリを毎日つづけ21日後に退院できました。

女性 50代前半 主婦・主夫


入院することとなり、入院中は投薬治療を1ヶ月半ほど行った。1ヶ月は動くことができず、その後はリハビリ等を行うなどして回復、退院することにその後は通院で経過観察。現在も血管がつまらないよう薬を服用しています。

男性 50代前半 会社員


点滴と服薬は毎日行い、リハビリはすぐに行いました。内容は、呂律の訓練、歩行、手先、足先から少しづつ動かすことから始めました。

男性 30代前半 フリーター


治療の中で一番大変だったことは何ですか?


病院の食事が凄くまずかったことが1番辛かった。その後も食事指導の先生と食事の改善の話をした。 リハビリは簡単ではあったが、小学生の低学年がやるような計算問題等をやったりしたのがとても情けなく感じた。

女性 50代前半 主婦・主夫


医師から後遺症につて説明を受けて、このまま体が動かないのではないか?と精神面での不安と血液がドロドロ血であったこともあり食生活の改善と運動を取り入れて改善することが大変でした。

男性 50代前半 会社員


つい最近の記憶を思い出せなかったり、またいつ頭痛が襲ってくるか精神的に不安でした。治療費も高く、仕事に対する不安もあったため、すぐに退院しましたが復帰後の生活や仕事が想像以上に大変でした。

男性 30代前半 フリーター


脳梗塞にならない為の、日々の予防法を聞いてみました


日頃から飲み薬を忘れないようにし、塩分控えめな食事をするように心掛けているが、なかなか上手くできていません。

女性 50代前半 主婦・主夫


ジャンクフードなどコレステロールの高い食品をなるべく控えることと週2回以上のジョッギングを行い多い月で月100km以上走ったりしてダイエットをするようになった。

男性 50代前半 会社員


定期的に運動と、食生活、規則正しい睡眠を特に心がけていました。また、ストレスをためないように運動と睡眠は特に重視していました。

男性 30代前半 フリーター


脳梗塞でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


仕事も家事も頑張っていたので、自分の健康管理を怠っていた。日頃から血圧が高いのが分かっていれば何か注意出来たのではないかと思った。やはり健康診断等しっかりやるべきなのかなと後悔。 主治医には、今度また脳梗塞になったら助からないよと言われているので、より気を付けないといけないのがわかっているけどたまに食べたくなるジャンクフードがなかなか止められない。

女性 50代前半 主婦・主夫


適度な運動が大事なことととコレステロールやカロリーの高そうな食事は控えること。野菜を摂取するなどバランスの良い食事をとること。暴飲暴食、刺激物など年齢の若い頃から摂取しないことで高血圧は日々の注意で防ぐことができます。

男性 50代前半 会社員


ストレスをためない生活を心がけてうまく発散する術を自分なりに持っておくことです。睡眠、食生活、運動は規則正しく、できれば行ったことと時間、内容は記録に残しておいた方が今後のためになると思います。また、かかりつけの医者に相談できる体制があれば何か起きたときにすぐに対処できるので自宅の近くに構えておいた方がいいと思います。

男性 30代前半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



脳梗塞でお困りの方に

脳梗塞に関しての経験を持つ方々に、対処や初期や入院について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脳梗塞でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「適度な運動が大事なことととコレステロールやカロリーの高そうな食事は控えること。野菜を摂取するなどバランスの良い食事をとること。暴飲暴食、刺激物など年齢の若い頃から摂取しないことで高血圧は日々の注意で防ぐことができます。 (男性 50代前半 会社員)」

「仕事も家事も頑張っていたので、自分の健康管理を怠っていた。日頃から血圧が高いのが分かっていれば何か注意出来たのではないかと思った。やはり健康診断等しっかりやるべきなのかなと後悔。 主治医には、今度また脳梗塞になったら助からないよと言われているので、より気を付けないといけないのがわかっているけどたまに食べたくなるジャンクフードがなかなか止められない。 (女性 50代前半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

脳梗塞の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する