あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

下痢症一覧

ヨーグルトや薬などみんなの下痢になった時の対処法

掲載日:2017年10月30日

目次
ヨーグルトや薬などみんなの下痢になった時の対処法

下痢症の症状を聞いてみました


外出する日。特に誰かと会う日。お腹が痛くなりトイレに何度も行く。トイレに行きたくなると我慢できない。 お腹がキリキリ痛くなる。液状の下痢が出る。緊張することがある日や不安なことがある日。我慢できない。

男性 20代前半 学生


ストレスが溜まっているときや発熱時、食べ過ぎたときに出る。時間帯は夜が多いが、特に決まっていない。痛みは病院に行くほどと感じたことはほとんどなく、トイレに何度か行けば治る。しつこく続くときもある。痛みはドーンという鈍痛のものから始まり、段々キリキリとした痛みになり、その時に便通を感じてトイレに行くことがほとんど。

男性 20代前半 学生


病院では「過敏性大腸」の診断を受けています。 時間帯は午前中が多いですが、一日中、腹部周辺の不快感があります。 同じ食事でも、ストレスがなくても発症するときはします。 痛みはある時とないときがあります。痛みは突然で、すぐにトイレに駆け込まないと間に合わないような切迫した下痢です。

女性 30代前半 フリーター


風邪を引いたとき、生理のとき、冷たい物を飲んだとき、食べ物にあたった時になる。冷たいお茶やコーヒー牛乳を飲むとよくなる。痛みはかなり痛い。比較的長引く。薬を飲んで対処する。時間帯はいつも違う。寒い時期によくなる。

女性 30代前半 主婦・主夫


下痢症を改善するために試したことを聞いてみました


病院で薬を処方してもらう。下痢止めと腹痛止めを病院でもらう。なるべく冷たい食べ物を食べたり飲まないようにする。

男性 20代前半 学生


便通をよくするために食物繊維を含む食材を多くとる。脂っこいものやカロリーが高いものは控えめにする。食事は八分目を目安に終える。食中毒が発生しやすい時期は食材の保存や選択に気を付ける。冬はノロウイルスやロタウイルスにあたる危険があるので、貝類は食べないようにする。

男性 20代前半 学生


食事・・・食べなければ出ない(尾籠な話ですが)と思い、おかゆとキャベツだけ、のように粗食にしています。 薬・・・イリボーと、ミヤBMという薬を医者にもらっています。 生活・・・睡眠時間をたくさん取るようにしています。自律神経と下痢に関係があるようなので。

女性 30代前半 フリーター


体を冷やさない、冷たい飲み物や食べ物を食べない、乳酸菌をとる、市販薬のビオフェルミンやストッパを飲む。

女性 30代前半 主婦・主夫


下痢症を改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました


病院で処方された下痢止めを外出する際、下痢に行きたくなると飲む。冷たいものを食べたり飲んだりしない。

男性 20代前半 学生


食物繊維を多くとるようにしたら、便通が毎日起こるようになり、腸の調子が良くなった。方法としては、イモ類(さつまいも、じゃがいもなど)、麦ごはんを食事に導入した。また脂っこい食事は控えめにして、野菜の量を増やした。野菜も様々なものをとるようにした。たまねぎ、人参、キャベツを多く摂取した。特にキャベツはどんな料理にでも取り入れやすいので、よい食材だと感じた。

男性 20代前半 学生


粗食は、尾籠な話ですが、下痢の量がましにはなりました。イリボーには即効性はなかったので、失望しました。  

女性 30代前半 フリーター


冷たい飲み物や食べ物をとらない、市販薬を飲む、体を冷やさない。腹巻きやカイロを使ったのがよかったと思う。

女性 30代前半 主婦・主夫


下痢症を改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました


市販の下痢止めの薬を飲むこと。何度も薬を買いに行かないと行けなくなり、高くついて家計を圧迫するから。

男性 20代前半 学生


食事を八分目まで抑えるようにしてみたが、その時は満腹になるまで食べることを我慢できても、後になってさらにおなかがすいてきて夜食や間食が増えてしまった。夜食としてインスタントラーメンやポテトチップスなど脂っこいものを食べ過ぎてしまい、下痢をおこしたことがあった。食事は八分目で抑えるより、ヘルシーな食材や料理で満腹感を出す方が良いと思う。

男性 20代前半 学生


イリボー。私には合わないかもしれません。2倍の量を服用しても2時間下痢が止まらず、即効性もないようでした。ですがほかに過敏性の薬はないみたいなので、飲み続けています。

女性 30代前半 フリーター


試したことは効果があったと思う。以前より頻度が減ったから。健康や他の病気の予防にもなるから、体を冷やさないように常に気を付けていきたい。

女性 30代前半 主婦・主夫


下痢症を改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


病院で処方された薬を毎日飲む。外出の際は、下痢止めの薬を飲む。冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりしない。

男性 20代前半 学生


運動不足にならないように毎日ウォーキングする。腸の改善のために乳酸菌をヨーグルトやヤクルトで摂取する。下痢がひどいときのために下痢止めを常備する。便通が毎日起こるようにする。風やインフルエンザを引かないように抵抗力をつける。

男性 20代前半 学生


食事と睡眠時間です。3年前よりは症状がましになった気がします。でも本当は、即効性のある薬が出来たらうれしいです。本当に、「痛い!」と思った時にはトイレに駆け込まないと間に合わないので。トイレのない場所はとてつもない恐怖を感じます。

女性 30代前半 フリーター


温かい飲み物を飲む、腹巻きやカイロでお腹を温める、生姜などの体を温める食べ物を積極的に食べる、ストレスをためない。

女性 30代前半 主婦・主夫



これから下痢症の治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました


外出しているときや時間がないときは辛い。市販薬は必ずしも良いわけではないので、飲んで良いか迷う。おしりがヒリヒリして痛い。予防、対処法、良い食べ物など詳しく知りたい。ストレスが原因になることもあるから、なるべくストレスのない生活をする。規則正しい生活や運動が大切。

女性 30代前半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



下痢症でお困りの方に

下痢症に関しての経験を持つ方々に、便秘や食事や発熱やヨーグルトや腹痛について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「これから下痢症の治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「外出しているときや時間がないときは辛い。市販薬は必ずしも良いわけではないので、飲んで良いか迷う。おしりがヒリヒリして痛い。予防、対処法、良い食べ物など詳しく知りたい。ストレスが原因になることもあるから、なるべくストレスのない生活をする。規則正しい生活や運動が大切。(女性 30代前半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

下痢症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する