あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

頭痛一覧

突然の片頭痛がつらい、、経験者に普段の症状や対処について聞いてみました

掲載日:2017年09月26日

目次

この記事も関連しているかも・・?

頭痛の予防で効果がなかったことまとめ
突然の片頭痛がつらい、、経験者に普段の症状や対処について聞いてみました

片頭痛の症状を聞いてみました


片頭痛の症状だが特に時間帯などは決まってない。 なんとなく疲れやストレスがたまってくると症状が出るような気がする。 市販の薬で痛みが治まるような時もあれば病院でもらった薬じゃないと症状がおさまらない時もあり 薬は2種類を飲み分けて使っている。

男性 40代前半 会社員


夕方から夜中や、寝起き直後2〜3時間後が多い。首肩凝りからはじまる緊張型頭痛と、光や臭いに過敏(特に光、電気など)になる片頭痛がある。大抵光により、より痛みを増す片頭痛が多いが、片頭痛の時にも首肩凝りはひどいのでどちらかだけではないと思っている。痛みは最近強くなる時も多く、市販のバファリンを2回のむときもあった。大抵は薬を飲まずに治るなら我慢するようにしている。頭痛で市販の薬をのむが、それほど酷いとは自覚していない。2回のむときはひどいが、吐き気などはなく、ズキズキが少しと鈍痛の方がひどい感じ。月に薬をのむほどの頭痛は2〜3回くらい。飲まずに治る頭痛は、寝たら治り、頭痛の持続時間は一回につき5時間弱で治り、頻度は月に5回未満。

女性 20代後半 その他


こめかみが脈を打つようにズキズキする頭痛は片頭痛です。片頭痛は女性が多くなる頭痛で、一般の頭痛とは違い、片側だけが痛くなる(両方のこめかみが痛いときもある)、吐き気を伴う、前兆があるといった特徴があります。痛みは脈を打つように強い痛みがあり、日常生活を送るのが困難になります。 片頭痛の原因は、ストレスや疲れ、寝不足、食べ物によって引き起こされることが多く、血管が急に拡張することで、血管周囲の神経を圧迫して痛みが現れます。女性の場合は、月経前に起こることもあります。ポリフェノールが含まれた赤ワインやチョコレートを食べると血管拡張作用があるため、頭痛を引き起こすきっかけになり、頻繁に頭痛を発症してしまうので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

男性 40代前半 会社員


台風が近づいたり、気圧の変化が起こると片頭痛が起きる。気圧の変化によるものなので特定の時間帯に起こると言うことはない。痛みの程度はズキズキと脈打つ感じ。主にコメカミから側頭部にかけて痛み、右側が痛むことが多いように感じられる。

男性 30代後半 会社員


必ず生理前や生理中に毎月なる片頭痛、寝ても治らず何日も続くこともよくある。こめかみ付近がズキズキ、ずんずんと痛み、立っていても座っていても辛いから、まともに行動が出来なくなる。あまりにひどいときは、薬を飲んでも治らないこともある。

女性 20代後半 主婦


片頭痛を和らげるためにどのようなことをしたのか聞いてみました


普段は睡眠をしっかりとるようにして、仕事が忙しい時などはこまめに休憩をはさんでなるべく疲れやストレスをためないようにしている。

男性 40代前半 会社員


食事ではやはり塩分を極力ぬいている。あと、食物繊維をとるようにしたり、湯船につかったり。また、寝る前には水など水分補給を心がけている。市販の頭痛薬はのめばのむほど、薬が効きづらくなり、使う薬も強くなると聞いたことがあるのでなるべかにのまないようにしている

女性 20代後半 その他


今発生している痛みを取り除くには、頭痛薬を飲んで安静にすることが一番効果的です。 こめかみを押すとどうなる? こめかみを指で押すと、一瞬痛みがなくなるような感じがしますが、痛みよりも指でこめかみを押す刺激に意識が向いているだけで、頭痛がなくなったわけではありません。 指を離すと、また痛みだします。 また、指で強くこめかみを押す行為は、脳の血管を傷つけてしまう恐れがありますので、オススメできません。

男性 40代前半 会社員


市販薬(ロキソニン)を服用し、テレビやパソコン等の光刺激を避け、風呂に入ったりしてからだを温めることもせず、布団の中で安静にしている。

男性 30代後半 会社員


まず横になる、無理をしないで寝る。大体朝からズキズキし始めて、午後から悪化しているので、早めにお風呂に入って半身浴をして温める

女性 20代後半 主婦


片頭痛の対処するために、やってみてよかったことを聞いてみました


いろいろ試しているが特に効果が出たとかんじられるような事はとくにない。 いまの所は薬に頼るかんじです。

男性 40代前半 会社員


首肩凝りからくる緊張型の頭痛の時には、湯船に浸かり身体を温めるのが効果的に感じた。あとはやはり塩分をぬく、減らすこと。塩分を摂りすぎた時は頭が痛くなることが多いので、塩分を控えることはかなり効果を実感している。今後も続けようと思う。

女性 20代後半 その他


今発生している痛みを取り除くには、頭痛薬を飲んで安静にすることが一番効果的です。 こめかみを押すとどうなる? こめかみを指で押すと、一瞬痛みがなくなるような感じがしますが、痛みよりも指でこめかみを押す刺激に意識が向いているだけで、頭痛がなくなったわけではありません。 指を離すと、また痛みだします。 また、指で強くこめかみを押す行為は、脳の血管を傷つけてしまう恐れがありますので、オススメできません。 頭痛の発生自体を抑えるには? 両方のこめかみが痛いといった慢性頭痛は、治せる病気でもあります。 私自身、慢性頭痛でしたが食生活に気をつけることで、頭痛の解消に成功しました。 詳しくはこちらです→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す

男性 40代前半 会社員


市販薬は効果がある。目から入ってくる外部刺激も遮断することにより痛みは和らぐ。ただし、数日間は頭が重い感じは継続する。

男性 30代後半 会社員


半身浴はその場しのぎかもしれないが、確実に楽になる。寝ているときが、一番楽。あとは頭痛薬をのめば、だいたい治る。

女性 20代後半 主婦


片頭痛の対処するために、やってみて失敗したことを聞いてみました


効果がいまいち実感できていないと思うのは、食物繊維。食物繊維をとるようにはしているが、やはり野菜不足だなと思うし、特に頭痛が減るという直接的な効果があるのか分からないから。

女性 20代後半 その他


今発生している痛みを取り除くには、頭痛薬を飲んで安静にすることが一番効果的です。 こめかみを押すとどうなる? こめかみを指で押すと、一瞬痛みがなくなるような感じがしますが、痛みよりも指でこめかみを押す刺激に意識が向いているだけで、頭痛がなくなったわけではありません。 指を離すと、また痛みだします。 また、指で強くこめかみを押す行為は、脳の血管を傷つけてしまう恐れがありますので、オススメできません。

男性 40代前半 会社員


肩のコリ、首のコリも頭痛に伴い感じたため、患部(肩や首)に温パックスを貼って温めてみたが逆効果だった。

男性 30代後半 会社員


片頭痛にならないようにやっていることなどを聞いてみました


テレビやパソコン、スマホなど光の強いものを長時間見ないようにはしています。 あとは風呂に入って体をリフレッシュさせています。

男性 40代前半 会社員


一番は塩分や脂っこい食事を減らすようにすること。血液の循環などがよければ、頭痛も減るというふうに思っているので。あとは姿勢を気を付けること。首肩凝りから頭痛につながることも多いので。水分をよくとり、酸素、鼻ずまりをなくすこと。

女性 20代後半 その他


マッサージにも行きました。カイロ、鍼にもいきました。行けるところはすべて行きました。でも揉み返しや首を触られたら整体後に吐いたりもしましたがここの整体はなぜか、首を触られても全然楽。いつも喜んで帰っています。 ここの整体は痛みが全くなく、かなりソフトな整体です。首のコブも無くなりました。

男性 40代前半 会社員


気候によるものだと感じているため、日常生活で心がけていることはない。普段どおり、不規則な生活をしないようにするくらい。

男性 30代後半 会社員


片頭痛持ちの方に、知っておけばよかったことや困りごとを聞いてみました


痛みが酷くなると通常の生活にも支障をきたすし、仕事が進まなくて結局無理をしてしまいなかなか改善することがない。 薬で症状が抑えられますが、いつまで効果があるのかわからないし気持ちのうえでもあせってしまう。

男性 40代前半 会社員


一番は頭痛になったことがない人が周囲に多く、訴えてもいまいち理解してもらえなかったこと。また、中学の受験前から頭痛がはじまったのだが、ずる休みととらえられることも度々あり、理解が得られないのは辛かった。頭痛の痛みの凄まじさはなった人にしか分からないのだなと。頭が痛いからと、周囲に静かにしてもらうわけにもいかないし、光が嫌で電気を消すわけにも生活上できない。ただ薬をのむか、耐えるのみ。予防も気休め程度の効果だし。最近は生理痛からの頭痛も多く、市販の頭痛薬にも生理痛にのんでいいとは記載されていたかと思うが、本当にのんでいいのか分からない。

女性 20代後半 その他


片頭痛の原因は、ストレスや疲れ、寝不足、食べ物によって引き起こされることが多く、血管が急に拡張することで、血管周囲の神経を圧迫して痛みが現れます。女性の場合は、月経前に起こることもあります。ポリフェノールが含まれた赤ワインやチョコレートを食べると血管拡張作用があるため、頭痛を引き起こすきっかけになり、頻繁に頭痛を発症してしまうので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

男性 40代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



頭痛でお困りの方に

頭痛に関しての経験を持つ方々に、片頭痛や首こりやストレスや対処について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「片頭痛持ちの方に、知っておけばよかったことや困りごとを聞いてみました」のような質問に対して、「痛みが酷くなると通常の生活にも支障をきたすし、仕事が進まなくて結局無理をしてしまいなかなか改善することがない。 薬で症状が抑えられますが、いつまで効果があるのかわからないし気持ちのうえでもあせってしまう。(男性 40代前半 会社員)」

「一番は頭痛になったことがない人が周囲に多く、訴えてもいまいち理解してもらえなかったこと。また、中学の受験前から頭痛がはじまったのだが、ずる休みととらえられることも度々あり、理解が得られないのは辛かった。頭痛の痛みの凄まじさはなった人にしか分からないのだなと。頭が痛いからと、周囲に静かにしてもらうわけにもいかないし、光が嫌で電気を消すわけにも生活上できない。ただ薬をのむか、耐えるのみ。予防も気休め程度の効果だし。最近は生理痛からの頭痛も多く、市販の頭痛薬にも生理痛にのんでいいとは記載されていたかと思うが、本当にのんでいいのか分からない。(女性 20代後半 その他)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

頭痛の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する