あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー一覧

スギ・ヒノキ花粉症がつらい、、アレルギー性鼻炎の方に症状と対策を聞いてみました

掲載日:2017年05月01日

目次

花粉症の症状を聞いてみました


アレルギー性鼻炎 スギ花粉の時期には、鼻水、鼻づまりの症状が出る。 通年では、ハウスダストのアレルギーがあり、埃の塊などがたくさんある場所では クシャミが出やすい。 年中処方薬を服用していて、一週間ほど服用を辞めていると体が痒くなる。

男性 50代前半 会社員


主にスギ、ヒノキと思われる花粉症。毎年2〜4月頃にかけて、激しい目のかゆみ、くしゃみ、鼻水の症状が現れる。年によって程度は変わるが、特に朝起きたときの鼻水、雨上がりのよく晴れた日のくしゃみと目のかゆみが顕著である。

男性 50代前半 その他


スギとヒノキの花粉症で季節の前に通院して、クスリを処方してもらっている。鼻水と眼の痒みがヒドくて、外出時はマスクが必須アイテムになっている。点鼻薬と目薬が必須です。五月の連休明けまでシーズンになるので、飛散している時期はツラい思いをしている。

男性 50代後半 会社役員


花粉症を改善するためにどのようなことをしているのか聞いてみました


定期的に通院して処方薬を服用する。 民間療法は性格上、長続きしないので試さない。 時間とお金の無駄と感じる。 薬を飲んでいれば症状も抑えられるので、自分には合っていると思う。

男性 50代前半 会社員


通常はマスクをすることと、市販の目薬を点すこと。かつてはシジューム茶やべにふうき茶を常飲していたこともあるが、顕著な効果が得られなかったため今は行っていない。

男性 50代前半 その他


耳鼻科で処方してもらった点鼻薬と目薬を使用している。外出から帰宅したときには、必ず衣類を叩いてから家に入るようにしている。

男性 50代後半 会社役員


花粉症の症状を抑えるために、やってみてよかったことを聞いてみました


医師から処方された薬を飲み続けること。 市販の薬や食事療法はお金が掛かるのでやらない。 定期的に通院していれば問題ない。

男性 50代前半 会社員


マスクは気休め程度に思うが無いよりはまし。目薬は一般の特にアレルギー用のものではないため、一時的な清涼感を得るのみ。

男性 50代前半 その他


花粉モードの空気清浄機をしている。マスクは非常に有効で、かなり予防出来る。点鼻薬と目薬も医院で処方されたクスリは良く効く。

男性 50代後半 会社役員


花粉症の症状を抑えるために、やってみて失敗したことを聞いてみました


よくテレビでやっている食事療法は全て自分には合わない。 お金と時間が掛かって、良いことはひとつもないと思う。

男性 50代前半 会社員


シーズン外から良いとされているシジューム茶やべにふうき茶を常飲してみたが、特に効改善が見られなかった。煮出したり、持ち歩いたりが面倒だったため止めてしまった。

男性 50代前半 その他


市販のクスリはあまり効果がなかった気がする。やはり、耳鼻科でしっかり処方してもらったクスリは良く効くような気がする。

男性 50代後半 会社役員


花粉症の症状を抑えるために、やっていることなどを聞いてみました


処方薬を医師の指示どおりに、服用すること。 抜本的な改善は、アトピー体質ということもあり、諦めている。

男性 50代前半 会社員


特に気をつけていることは無い。外出時、気休めにマスクをつけていることくらい。根本的な治療を行わない限り効果はあまり期待できないと思っているので、シーズンが終わるまで辛抱している。

男性 50代前半 その他


洗濯物は基本的に外に干さないようにしている。外に干す場所は、取り入れ時に叩いて花粉を室内に入れないようにしている。

男性 50代後半 会社役員


花粉症でお悩みの方に、アドバイスを聞いてみました


小学生の時からアレルギー体質であることは分かっていたので 特に困ったということはないが、食べ物で蕁麻疹が出たこともあるので そういう意味では、一度蕁麻疹が出た食べ物は口を付けないようにする気遣いを無意識でしているかもしれない。

男性 50代前半 会社員


常時症状が出ているわけではないが、シーズン中症状がひどいときはとにかく集中力が保てない。とくにはげしい目のかゆみを感じるときが耐え難い。自分はそこまでではないが、仕事や生活に支障が出るほど症状がひどい場合は、舌下免疫療法など根本治療を受けることをお勧めする。

男性 50代前半 その他


20代から症状が出ており、最初は花粉症とは分からなかったので、苦労した。とにかく春は気分がすぐれず、気持ちも落ち込む!花粉症の人口が日本人で3割という国民病になっているので、国としても何らかの対策を考えて欲しい。

男性 50代後半 会社役員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アレルギーでお困りの方に

アレルギーに関しての経験を持つ方々に、鼻水や花粉症について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「花粉症でお悩みの方に、アドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「20代から症状が出ており、最初は花粉症とは分からなかったので、苦労した。とにかく春は気分がすぐれず、気持ちも落ち込む!花粉症の人口が日本人で3割という国民病になっているので、国としても何らかの対策を考えて欲しい。(男性 50代後半 会社役員)」

「小学生の時からアレルギー体質であることは分かっていたので 特に困ったということはないが、食べ物で蕁麻疹が出たこともあるので そういう意味では、一度蕁麻疹が出た食べ物は口を付けないようにする気遣いを無意識でしているかもしれない。(男性 50代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

アレルギーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する