あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

蓄膿症一覧

どろっと鼻水、「膿」の自覚症状がある蓄膿症経験者に、その予防策などを聞いてみました

掲載日:2017年08月21日

目次
どろっと鼻水、「膿」の自覚症状がある蓄膿症経験者に、その予防策などを聞いてみました

膿による蓄膿症の症状を聞いてみました


喉にドロリとした鼻汁が下りてきて痰が出る。気持ち悪い。鼻が詰まって息苦しく、口で呼吸をするので口が渇くいて仕方がない。副鼻腔が痛む。病院では大したことはないと言われるので耳鼻科には通ったりはしていない。

男性 50代前半 会社員


鼻をすすると頭痛がする、鼻が詰まる、ひどいときは、右顔面半分痛くなる、最初は帯状疱疹と勘違いして、皮膚科に行ったところ、症状が違うと言うことで内科に行った 内科に行ってCTとMRIをとった所、蓄膿症と判断され、耳鼻科に行ってレントゲンをとった。 そこで蓄膿症と断定された

女性 20代後半 主婦・主夫


小学生のころから、鼻が詰まる、鼻呼吸できない、鼻水が緑色がかっている、頭痛、鼻の周りが痛いような症状があった。慢性蓄膿と言われ大人になるまで何度もこのような症状が発生するたびに耳鼻科に通院して治療を行ってきた。大人になってからも何度か副鼻腔炎と言われることがあったが、治療して現在は改善した。

男性 50代前半 公務員


鼻をかんだ時に真っ黄色のドロドロした鼻水がでて、鼻が詰まる。においがわかりにくくなり、息苦しくなる。病院で診断されたことはないが、こういう症状が出たときは蓄膿だと思っている。ただし、ここまでひどくなるのは2~3年に1回で、基本はそこまでひどくなる前に治ってしまう。

女性 40代前半 薬剤師


蓄膿症の改善策、実際に行ったことを教えてください


小学生の頃からのことなので、慣れてしまっていて、特に何もしていない。時折、塩水で鼻うがいをする程度。

男性 50代前半 会社員


しばらく通院をし、鼻にチューブを入れて、膿等を改善する治療をした その他は特にしていない。 ある程度してから医者に症状が出たら来てくださいと言われそれ以降症状が出たら行くようにしている

女性 20代後半 主婦・主夫


鼻水をためないように、頻繁に鼻水を出す(鼻をかむ)ことを心がけて、症状が悪化することがないように気を付けていた。鼻うがいは何度か試したが、自分には継続することができなかった。

男性 50代前半 公務員


鼻をこまめにかんで鼻の中から膿を出す。鼻うがいをしたり、吸入したりして鼻の中を清潔にする。それでもだめなら耳鼻科に行く。

女性 40代前半 薬剤師


蓄膿症の改善策で、おススメの方法は?


少量の塩を入れたぬるま湯で鼻うがいをすると、喉に落ちてくるドロリとした鼻汁がすっきりするので気持ちいい。

男性 50代前半 会社員


通院をしている時に試みていた、鼻にチューブを入れてを入れる治療はよかった。 その後、鼻の通りがよくなった。 あとは、鼻をすすらないようにしていてすすらない時は頭痛がしなくなった

女性 20代後半 主婦・主夫


風邪と蓄膿を併発するような状況が多く、風邪をひかないように気を付けていた。鼻うがいは、効果があったのかどうか続けられなかったのでよくわからない。

男性 50代前半 公務員


鼻をかんでいたらドロドロした塊が大量に出て鼻が急にとおるようになった。副鼻腔にたまっていたものが全部出たような感じで、気分的にもすっきりした。

女性 40代前半 薬剤師


蓄膿症の改善策で失敗したことは?


鼻に細いひもを通して、喉から口に出し、軽くゴシゴシとマッサージをしていたことがあったが、効果がなかった。

男性 50代前半 会社員


膿をためないように、鼻水を出す(鼻をかむ)ことを頻繁に行っていたが、逆にそのせいで、鼻の粘膜が痛くなり、弱くなっていたのではないかと思っている。

男性 50代前半 公務員


鼻うがいは痛みや恐怖がある割にしっかり鼻の中に水が流れずきれいに洗うことがうまくできなかった。しっかり吸い込めばいいのだろうが、やはり怖くてうまく吸い込めない。

女性 40代前半 薬剤師


蓄膿症予防のあなたの対策を教えてください


アルコールを飲むと、翌日は喉にドロリと落ちてくる鼻汁が増えて気持ち悪いが酒は止める気はないので放っておいている。

男性 50代前半 会社員


鼻をすすらないようにすること。 花粉症持ちの私は、花粉症の時期になると、ティッシュが足りなくなるくらいひどいが、なるべく鼻をすすらないようにしている。 鼻をすすると頭が痛くなるので

女性 20代後半 主婦・主夫


副鼻腔炎は、風邪と併発するように起こることが多かったので、今でも、風邪をひかないようにすることを心がけている。今でもよく鼻をかむことはよくしている。

男性 50代前半 公務員


鼻をすすらない、こまめに鼻水をかむ、手洗いうがい、など鼻周りを清潔にすることを心掛けている。菌の繁殖を防ぐために鼻に中に余計なものを残さないようにしている。

女性 40代前半 薬剤師


蓄膿症になってはじめてわかった困り事や、皆様へのアドバイスを聞いてみました


初めて発症した時に医者から完治はないと言われた時はずっとお付き合いなるのかと困りました 花粉症と同時期に発症すると、倦怠感があります。 それに追加して、頭痛と顔が痛くなります。 場所問わずなので子供をあやしてる時とかに起きるとグダグダになります

女性 20代後半 主婦・主夫


慢性的に蓄膿症状があったので、当時は気づかなかったが、今でも、気を付けていないと、呼吸が鼻呼吸ではなく、口呼吸にすぐなってしまう。このことから、のどが渇く状態になりやすく、のどに炎症を起こし、風邪をひきやすくなっていたと思うので、呼吸には注意が必要だと思う。

男性 50代前半 公務員


鼻が詰まるとにおいがよく変わらなくなり食欲も失せる。また口呼吸をするので、のどが渇いたり、口の中があれたりして余計に風邪をひきやすくなる。フルタイムの仕事をしているので、風邪をひいて仕事を休むようになるととても困る。

女性 40代前半 薬剤師


この記事を見ている方がよく見ている経験談



蓄膿症でお困りの方に

蓄膿症に関しての経験を持つ方々に、鼻水や膿や予防について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「蓄膿症になってはじめてわかった困り事や、皆様へのアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「初めて発症した時に医者から完治はないと言われた時はずっとお付き合いなるのかと困りました 花粉症と同時期に発症すると、倦怠感があります。 それに追加して、頭痛と顔が痛くなります。 場所問わずなので子供をあやしてる時とかに起きるとグダグダになります (女性 20代後半 主婦・主夫)」

「鼻が詰まるとにおいがよく変わらなくなり食欲も失せる。また口呼吸をするので、のどが渇いたり、口の中があれたりして余計に風邪をひきやすくなる。フルタイムの仕事をしているので、風邪をひいて仕事を休むようになるととても困る。(女性 40代前半 薬剤師)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

蓄膿症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する