あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アトピー一覧

アトピーの方に聞いたかゆみを和らげるために実践していること

掲載日:2017年08月22日

目次
アトピーの方に聞いたかゆみを和らげるために実践していること

アトピーの症状を聞いてみました


生まれながらのアレルギー体質で、未成年のころは、アトピーに悩まされていた。20歳になってから完治したが、26歳になってから再発した。最初の皮膚科に7年ぐらい通院したが、まったく症状が改善しなかった。 そこで、インターネットで別の皮膚科を検索し、通院を始めた。 それから10年以上経つが、半分くらい改善している。

男性 40代後半 会社員


肘の内側と膝の内側に、疲れが溜まっていなければ、痒みがある程度で治っている。一方、疲れが溜まっている場合は、痒みがひどくなって我慢ができないくらい悪くなる。また、首は電気カミソリでヒゲを剃る関係で肘や膝と違って、肌が荒れやすく痒みが出ることが多い。

男性 50代前半 会社員


肩の付近や足のすねに直径1センチ程度の物が数ヵ所現れる。放っておくといくつも出てくるので、20年以上前に皮膚科で処方してもらったリンデロンを塗ると、治ってくる。食物などのアレルギーはないが、同じ服を長く着続けると、アトピーの症状が出やすくなる傾向がある。

男性 30代後半 その他


かさかさアトピーで、背中を中心に症状が出ています。 背中以外ですと、うでの関節の内側です。 毎年、症状の現れる箇所が変わるので、今年は背中ですが、来年はどこに症状が出るのか分かりません。 背中に症状がでてしまうと、セルフケアが難しいのでほとんど放置していましたが、気が付いたら症状が酷かった箇所は色素沈着がが激しく、大きな痣のようになっています。

女性 20代後半 主婦・主夫


アトピーを改善するために試したことを聞いてみました


皮膚科に通院したが、最初の皮膚科の薬が合わなかったため、インターネットで別の皮膚科を検索し、現在の皮膚科に通院をしている。

男性 40代後半 会社員


疲れが溜まらないように充分な休息を取るほか、状況に応じて塗り薬を使う。食事は野菜、肉、乳製品などをバランスよく食べるようにしてる。

男性 50代前半 会社員

身体を清潔にするようにこころがけ、なるべく疲れやストレスをためないように、趣味の時間や睡眠の時間を大切にしている。症状が現れた時は、病院で処方された塗り薬が残っているので、症状が現れたら、なるべく早めにぬるようにしている。

男性 30代後半 その他


顔面にアトピーの症状が出た時は、痒かったら常温に戻してある保冷剤を当て、冷やして痒みが退くのを待っていましたし、スキンケアは乳幼児にも使える白色ワセリンを顔全てに塗るだけにしていました。 それと、あまりに症状が酷いときには病院へ行き、塗り薬を貰っていました。

女性 20代後半 主婦・主夫


アトピーを改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました


最初の皮膚科は同じ薬だったが、現在の皮膚科は部位別の薬を処方しているため、皮膚炎で盛り上がっていた箇所が低くなった

男性 40代後半 会社員


疲れを溜めないため充分な休息を取ること、必要に応じた塗り薬を使うこと、バランスの良い食事など、いずれも病状の改善に効果がある。

男性 50代前半 会社員


薬を塗ることで、すぐに症状を改善できている。また、身体を清潔に保ったり、服をこまめに着替えたりすることで、症状の海瀬ンを図るなことができた。

男性 30代後半 その他


スキンケアを白色ワセリンのみにすることで、肌に余計な刺激を与えることがなく、症状も早くに治まったのでとてもよかったです。

女性 20代後半 主婦・主夫


アトピーを改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました


最初の皮膚科に通院したが、7年経ってもまったく改善しなかった。 もっと早くインターネットで検索した方が改善していた

男性 40代後半 会社員


過度に塗り薬を使用した場合、使用をやめた場合に症状が悪化したことがある。また、食事については、肉を食べすぎた場合にも症状が悪化した。

男性 50代前半 会社員


親からアロエを塗ると効果が出るかもといわれ、アロエを患部に数日間塗り続けたが、目に見える効果は見られず、症状がかえって悪化してしまうことがあった。

男性 30代後半 その他


市販のアトピー用のクリームは全く効果がありませんでした。 価格が高かったのだけに損した気分でした。

女性 20代後半 主婦・主夫


アトピーを改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


食物のアレルギーではなく、ハウスダストがアレルギーの原因なので、掃除をこまめに行っている。

男性 40代後半 会社員


疲れを溜めないための規則正しい生活を心がけている。食事も栄養バランスに注意して、偏らないように注意している。

男性 50代前半 会社員


おふろに入った時は、患部を清潔にするために、石鹸を使って洗浄している。ただ、患部を刺激するように洗ってしまうと、かえって逆効果なので、タオルでごしごしやらずに、手で石鹸を泡立ててやさしく洗っている。

男性 30代後半 その他


秋から空気が乾燥してくると、症状が酷くなってくるので、お盆過ぎくらいから早め早めにボディケアを始めるようにしています。

女性 20代後半 主婦・主夫


アトピーの治療で知っておけばよかったことを聞いてみました


夏や冬になったら、かゆみに悩まされている。 医療費と交通費を合わせて、年間で10万円近く、かかっている。 睡眠中もかゆみに悩まされていたことがあつたので、早く完治したい。 完治に至るまで、道なかばである。

男性 40代後半 会社員


一度、痒みが出るとどうして掻くことが、やめられなくなる。最悪の場合、皮膚がやぶれるまで掻くことがやめられない。知っておきたかったことは、使う薬の副作用や薬の使用頻度。また、病気の原因など45年前にわかっていなかったこと。

男性 50代前半 会社員


小さい頃は、症状が今より重く、膝の裏側や肘の裏側に大きな症状が現れていた時期があり、夏になると、汗をかくことで患部が染み、冬になると、乾燥するので患部が痒くなり、かいたことでさらに症状が重くなっていったことがあった。

男性 30代後半 その他


一番、症状の酷かった学生時代は、真冬でも長袖を着て寝ることができず、夜中に何度も起きては鉛筆立てにある定規を使い体中を掻きむしっていました。 なので朝、起きると寝具が血だらけになっていたりすることがしょっちゅうで、傷だらけの体を見られるのも嫌だし、段々と人との接触を避けるようになってしまい、気持ちがとても暗くなってしまいました。

女性 20代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アトピーでお困りの方に

アトピーに関しての経験を持つ方々に、かゆみについて、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「アトピーの治療で知っておけばよかったことを聞いてみました」のような質問に対して、「夏や冬になったら、かゆみに悩まされている。 医療費と交通費を合わせて、年間で10万円近く、かかっている。 睡眠中もかゆみに悩まされていたことがあつたので、早く完治したい。 完治に至るまで、道なかばである。(男性 40代後半 会社員)」

「小さい頃は、症状が今より重く、膝の裏側や肘の裏側に大きな症状が現れていた時期があり、夏になると、汗をかくことで患部が染み、冬になると、乾燥するので患部が痒くなり、かいたことでさらに症状が重くなっていったことがあった。(男性 30代後半 その他)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

みんなの体験談
6000件以上の治療体験をあなたの治療に役立ててください

アトピーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する