あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー一覧

つらい花粉症、、アレルギー持ちの方にそれぞれの対処法を聞いてみました

掲載日:2017年11月28日

目次
つらい花粉症、、アレルギー持ちの方にそれぞれの対処法を聞いてみました

花粉症の症状を聞いてみました


アレルギー性鼻炎。主に透明な鼻水、鼻づまり、くしゃみなど。花粉の季節は合わせて目のかゆみ、皮膚のかゆさも出てくる。風邪など引いていなくても、アレルギーが強く出ると喉の痛みや炎症、咳、微熱が出たりする。

女性 30代後半 無職


学生の時の健康診断でアレルギー性鼻炎と言われ、季節の変わり目くらいに目がかゆくなり、鼻水やくしゃみが止まらなくなる症状が年々ひどくなってきて、今の花粉症の始まりだと思います。ただ、現在は目のかゆみだけ症状が重いです。

男性 40代後半 会社員


スギの花粉症。 くしゃみ、鼻水、喉の違和感、咳、耳のかゆみ、目のかゆみ。 12歳から30代半ばくらいまではひどくてシーズン中何度も病院に行ってもなかなか楽にならなかったけどその後どんどん良くなり今は市販の薬があれば大丈夫な程度。

女性 40代後半 フリーター


花粉症を改善するためにどのようなことをしているのか聞いてみました


花粉のシーズンに、市販の甜茶を飲んでみた。甘くて美味しいお茶だったが、効果はほどんど感じなかった。今は病院に定期的に通っていて、薬を服用している。

女性 30代後半 無職


体質改善の漢方薬を長く飲んでみたけど、あまり効果が出てこなかったので、内科でアレルギーを抑える薬をもらって飲み始めたら、朝起きた時の悪い症状は楽になりました。

男性 40代後半 会社員


一般的なものは甜茶を飲む、ヨーグルトを食べる、マスクをする、外出を控える。 自分で考えて試したものは沸騰したやかんの口からの湯気の吸引。

女性 40代後半 フリーター


花粉症の症状を抑えるために、やってみてよかったことを聞いてみました


病院から処方される薬を服用する。その他に点眼、点鼻薬も処方してもらい、症状の酷いときに使用。薬を使用すると、かなり症状が軽減される。

女性 30代後半 無職


内科でアレルギーを抑える薬を貰って、睡眠をしっかり取れれば、ある程度効果がありました。あとは、普段からマスクを付けていると、症状の出始めが遅くなり軽く済んでいると思います。

男性 40代後半 会社員


自分で考えて試した沸騰したやかんの口からの湯気の吸引。 くしゃみが止まらない時や目が痒くてたまらない時症状が治まった。

女性 40代後半 フリーター


花粉症の症状を抑えるために、やってみて失敗したことを聞いてみました


市販されている甜茶。甘くて美味しいお茶ったので花粉のシーズンに飲み続けたが、全く効果を感じられず、アレルギーは良くならなかったので飲むのをやめた。

女性 30代後半 無職


アレルギーが抑えられて体調が良い時、気が緩んで夜更かしをしてしまったり、目を掻いてしまったりして、アレルギーが出てしまった事が何回かありました。

男性 40代後半 会社員


じわじわとは聞いていたのかもしれませんが甜茶を飲んだりヨーグルトを食べるのは実感が全くなかったです。

女性 40代後半 フリーター


花粉症の症状を抑えるために、やっていることなどを聞いてみました


花粉のシーズンは、マスクをする。目が痒く、腫れることも多いのでコンタクトレンズは控え眼鏡を使用。布団は外に干さないで、レイコップを使用。

女性 30代後半 無職


今は特に気をつけたり予防のために何かしていることはありません。結局、症状が完全に出なくなるわけではないので、無理に薬で抑えるより、他の方法で症状が軽くなれればと思い、これからいろいろと試すところです。

男性 40代後半 会社員


今でも時々沸騰したやかんの口からの湯気の吸引はしています。 花粉症が一番ひどかった時ずいぶん助かったので今でも思い出した時にはしています。

女性 40代後半 フリーター


花粉症でお悩みの方に、アドバイスを聞いてみました


花粉のシーズンは特にそうだが、アレルギー症状が本当にひどくなると、日常生活もままならない。本当にひどい時は我慢せずに病院へ行き、先生に相談することが大事。薬が飲めない時でも相談にのってくれて、解決策を提案してくれるからである。あとティッシュペーパーは少し値が張るが、柔らかい高級な物を使うと、肌への負担が全然違う。

女性 30代後半 無職


アレルギーは病気ではなく体の過剰反応だということがわかって、気持ち的には楽になりましたが、風邪のようにすぐ治るものではないので、これからも仲良くつきあっていこうと思い、しばらく放置していました。食生活において、テレビなどで取り上げるものが変わるので、医学的に早く正確な情報を教えてほしいです。

男性 40代後半 会社員


こすればこするほど目のかゆみはひどくなるという事。 当時はかきすぎて目に傷がついてしまったりとても大変だったので対処法は知っておきたかったです。 今はかゆい時はガーゼで目頭だけをぐっと抑えてかゆみを抑えます。

女性 40代後半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アレルギーでお困りの方に

アレルギーに関しての経験を持つ方々に、かゆみや鼻炎や花粉症について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「花粉症でお悩みの方に、アドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「花粉のシーズンは特にそうだが、アレルギー症状が本当にひどくなると、日常生活もままならない。本当にひどい時は我慢せずに病院へ行き、先生に相談することが大事。薬が飲めない時でも相談にのってくれて、解決策を提案してくれるからである。あとティッシュペーパーは少し値が張るが、柔らかい高級な物を使うと、肌への負担が全然違う。(女性 30代後半 無職)」

「アレルギーは病気ではなく体の過剰反応だということがわかって、気持ち的には楽になりましたが、風邪のようにすぐ治るものではないので、これからも仲良くつきあっていこうと思い、しばらく放置していました。食生活において、テレビなどで取り上げるものが変わるので、医学的に早く正確な情報を教えてほしいです。(男性 40代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

みんなの体験談
6000件以上の治療体験をあなたの治療に役立ててください

アレルギーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する