あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

黄帝酒(コウテイシユ)

メーカー希望小売価格:
280ml:3300円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:佐藤製薬株式会社
0

キャッチコピー

エレウテロコック根、オウセイ、ニンジンなどの10種類の生薬エキス配合

効果・使用法

未成年者の飲酒は、法律で禁止されています。

効能・効果

次の場合の滋養強壮
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

用法・用量

大人1回10~20mL、1日1~2回服用します。
服用量は添付の目盛つき計量カップで計量します。

<用法・用量に関連する注意>
用法・用量を厳守してください。計量カップはご使用の都度、水洗いなどして常に清潔に保管してください。

成分・分量

100mL中
生薬軟稠エキス・・・・・・・・・・・・・2g
 〔チョウジ・・・・・・・・・・0.869g
 〔ソウジュツ・・・・・・・・・0.773g
 〔ケイヒ・・・・・・・・・・・0.966g
 〔サンショウ・・・・・・・・・0.580g
 〔キキョウ・・・・・・・・・・1.256g
 〔ショウキョウ・・・・・・・・0.966g
 〔ニンジン・・・・・・・・・・0.483g
 〔ボウフウ・・・・・・・・・・0.290g
 〔オウセイ・・・・・・・・・・0.483g
 〔  上記生薬より軟稠エキスを製する。
エレウテロコック根軟稠エキス・・・・50mg
タウリン・・・・・・・・・・・・・300mg
エタノール(アルコール)・・・・14.7mL

添加物として、ブドウ糖、カラメル、香料(バニリン、プロピレングリコール、グリセリン、エタノールを含む)を含有します。

<成分・分量に関連する注意>
本剤は生薬エキスを配合していますので、わずかに濁りを生じることがあります。

副作用・注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください
   手術や出産直後等で出血中の人(血行を促進するため。)
2.乗物又は機械類の運転操作を行う場合は服用しないでください(アルコールを含有するため。)

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)アルコールに過敏な人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
  〔関係部位〕    〔症  状〕
   皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
   消化器   :  胃部不快感
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。
(5)本剤には糖分が含まれておりますので、びんの口に本剤が付着したままキャップを締めると開かなくなることがあります。服用の都度びんの口をよく拭いてからキャップをしっかり締めてください。
(6)服用時の気温や液温などにより、多少香味が違うように感じられることがありますが、品質には変わりありません。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

黄帝酒のまとめ

黄帝酒は薬用酒です。メーカー希望小売価格は280ml:3300円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「薬用酒」に分類される商品です。

キャッチコピーは「エレウテロコック根、オウセイ、ニンジンなどの10種類の生薬エキス配合」。黄帝酒が属する薬用酒は、生薬成分などが含まれているお酒です。滋養強壮の効果があります。飲酒にあたるため未成年の方は使えません。

本製品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記にお願い申し上げます。



問合せ窓口

佐藤製薬株式会社 お客様相談窓口

住所

東京都港区元赤坂1丁目5番27号

電話

03(5412)7393

受付時間

9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

製造販売元名

佐藤製薬株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html