あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

日水補腎片(ニッスイホジンヘン)

メーカー希望小売価格:
180錠:6800円(税抜)
360錠:12000円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:
0

キャッチコピー

中医学の腎に焦点をあわせ、生薬を配合。

効果・使用法

効能・効果

滋養強壮。虚弱体質。肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・
産前産後などの場合の栄養補給。

用法・用量

次の1回量を1日3回服用する。
 [年 令]         [1回量]
  成人(15才以上)      2錠
  15才未満         服用しないこと

成分・分量

6錠(成人1日量)中
 [成 分]         [分 量]    [は た ら き]
ブクリョウ(茯苓)軟エキス   10mg  マツホドの菌核で、漢方薬の要薬。
        (原生薬として320mg) 滋養強壮などの作用があります。
サンシュユ(山茱萸)軟エキス  60mg  山茱萸の果実で、滋養強壮にすぐれ
        (原生薬として300mg) た作用があります。
ジオウ(地黄)乾燥エキス   120mg  アカヤジオウの根で、多くの漢方処
        (原生薬として600mg) 方に配合されており、滋養強壮など
                      の作用があります。
サンヤク(山薬)流エキス   0.8mL  ヤマノイモの根茎で、虚弱、食欲不
        (原生薬として800mg) 振、疲労などの症状にすぐれた作用
                      があります。
ニンジン(人参)乾燥エキス   60mg  オタネニンジンの根で、虚弱、胃腸
        (原生薬として600mg) 機能の改善にすぐれた作用がありま
                      す。
オウギ(黄耆)乾燥エキス    80mg  キバナオウギの根で、滋養強壮にす
        (原生薬として640mg) ぐれた作用があります。
ロクジョウ(鹿茸)流エキス 0.03mL  シカの幼角で、すぐれた強壮作用が
         (原生薬として30mg) あり、肉体疲労を軽減します。
カイクジン(海狗腎)チンキ  0.3mL  オットセイの陰茎と睾丸で、滋養強
         (原生薬として60mg) 壮、疲労回復にすぐれた作用があり
                      ます。
カイバ(海馬)末       100mg  タツノオトシゴで、強壮、疲労回復
                      にすぐれた作用があります。
塩酸チアミン(ビタミンB1)  20mg

 添加物としてトウモロコシデンプン、ポリソルベート80、香料、エタノール、セ
ルロ一ス、ケイ酸Al、粉糖、ステアリン酸Mgを含有する。

副作用・注意

相談すること


1.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書をもって医師または薬剤師に相談
 すること。
 1)服用後、次の症状があらわれた場合。
  [関係部位]  [症状]
   皮ふ    発疹・発赤、かゆみ
 2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。

保管及び取扱い上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.生薬を原料にしているため、製品により多少色調やにおいが異なることがありま
  すが薬効にはかわりありません。
5.表示の使用期限を過ぎたものは服用しないこと。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

日水補腎片のまとめ

日水補腎片はその他の保健薬です。メーカー希望小売価格は180錠:6800円(税抜)/360錠:12000円(税抜)。第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「その他の保健薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「中医学の腎に焦点をあわせ、生薬を配合。」。日水補腎片が属するその他の保健薬は、保険薬です。


1.購入した薬局・薬店
2.日水製薬株式会社  お客さま相談窓口 電話:03-3837-0987
            受付時間:午前10時~12時、午後1時~5時
            (土・日・祝日を除く)



※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html