あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ワカ末止瀉薬錠(ワカマツシシヤヤクジヨウ)

メーカー希望小売価格:
30錠:1000円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:クラシエ製薬株式会社
0

キャッチコピー

下痢・食あたり 水あたり

効果・使用法

   〔健康アドバイス〕
●消化のよいものを
下痢症状が軽くなってきたら食事はまずお粥から始めて半熟卵、白身の魚、煮物など消化のよいものをとるようにします。
下痢が長く続く場合には肉類、油、甘いものなど消化の悪いものを避けましょう。
●水分の補給も必要
急性の下痢のときには、まず安静にすることです。
症状が強いときは、脱水症にかかりやすいので、湯ざましやうすい番茶など少量ずつ水分を補給しましょう。

効能・効果

下痢、食あたり、水あたり、軟便、消化不良による下痢、はき下し、くだり腹

用法・用量

1日3回を限度とし服用する。服用間隔は4時間以上おいてください。
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 2錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 15才未満8才以上
 〔1 回 量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)錠剤の取り出し方
   錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。
   (誤ってそのままのみ込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

成分・分量

成人1日の服用量6錠(1錠155mg)中、次の成分を含んでいます。
ベルベリン塩化物水和物・・・・・・・・・・・・225mg
ゲンノショウコエキス・・・・・・・・・・・・・600mg(原生薬4gに相当)

添加物として、軽質無水ケイ酸、CMC-Ca、結晶セルロース、合成ケイ酸Al、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウを含有する。

副作用・注意

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人
 (3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがあります。)
 (4)高齢者
2.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(5)水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがありますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ワカ末止瀉薬錠のまとめ

ワカ末止瀉薬錠は止しゃ薬(下痢止め)です。メーカー希望小売価格は30錠:1000円(税抜)。第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「止しゃ薬(下痢止め)」に分類される商品です。

キャッチコピーは「下痢・食あたり 水あたり」。ワカ末止瀉薬錠が属する止しゃ薬(下痢止め)は、下痢、食あたり、水あたりなどに効果のある薬です。錠剤や水なしで口中溶解するタイプのほか、カプセル、フィルム、分包、粒剤など、さまざまなタイプがそろっています。また、生薬が配合されている商品や、お子さま、女性向けの商品もあります。

本剤について、何かお気づきの点がございましたら、お買い求めのお店又は下記までご連絡いただきますようお願い申し上げます。



問合せ窓口

クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口

住所

東京都港区海岸3-20-20(〒108-8080)

電話

(03)5446-3334

受付時間

10:00~17:00(土、日、祝日を除く)

製造販売元名

クラシエ製薬株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html