あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ルビーナ(ルビ-ナ)

メーカー希望小売価格:
メーカー/お問い合わせ先:武田コンシューマーヘルスケア株式会社
0

効果・使用法

〔日本で生まれた漢方処方「連珠飲」〕
「連珠飲」は、江戸時代に日本で考案された漢方処方で、「四物湯」と「苓桂朮甘湯」の2つの処方を組み合わせたものです。「四物湯」は、血のめぐりを良くして体を温めます。「苓桂朮甘湯」は、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整えます。これらを組み合わせた漢方処方「連珠飲」は、ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感など、複数の症状が一度にあらわれたり、日によって症状が変化したりする更年期障害などの改善に適しています。

効能・効果

体力中等度またはやや虚弱で、ときにのぼせ、ふらつきがあるものの次の諸症:
 更年期障害、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血

用法・用量

次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
 〔 年  齢 〕 15歳以上
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 15歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
 用法・用量を厳守すること。

成分・分量

9錠(1日服用量)中に次の成分を含有する。
連珠飲エキス散・・・・・・・・・3,150mg
〔トウキ・・・・・・・・・・1,500mg
 シャクヤク・・・・・・・・1,500mg
 センキュウ・・・・・・・・1,000mg
 ジオウ・・・・・・・・・・・・500mg
 ブクリョウ・・・・・・・・2,000mg
 ケイヒ・・・・・・・・・・1,500mg
 ソウジュツ・・・・・・・・1,500mg
 カンゾウ・・・・・・・・・・・500mg
             上記生薬より抽出〕

添加物:無水ケイ酸、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

<成分に関連する注意>
生薬を用いた製品なので、製品により錠剤の色調が多少異なることがありますが、効果にはかわりありません。

副作用・注意

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸の弱い人。
 (5)下痢しやすい人。
 (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕             〔症  状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、胃部不快感、食欲不振、胃部圧迫感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
  下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

本製品内容についてのお問い合わせは、お買い求めのお店、または下記にお願い申しあげます。



問合せ窓口

武田コンシューマーヘルスケア株式会社「お客様相談室」

住所

〒541-0045 大阪市中央区道修町四丁目1番1号

電話

フリーダイヤル 0120-567-087

受付時間

9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

製造販売元名

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html