あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ラベリン葛根湯内服液(ラベリンカツコントウナイフクエキ)

メーカー希望小売価格:
3本:
メーカー/お問い合わせ先:ジェーピーエス製薬株式会社
0

キャッチコピー

葛根湯の内服液剤

効果・使用法

効能・効果

体力中等度以上のものの次の諸症:
 感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

用法・用量

成人(15才以上)1回1本、1日3回食間に服用してください。
(15才未満は服用しないでください。)

(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)食間とは食後2~3時間を指します。
(3)本剤は本質的に沈殿を含んでいますので、服用前によく振ってから服用してください。

成分・分量

1日量[3本(90mL)]中
日局葛根湯エキス・・・・・15.0g
  カッコン・・・・8g    マオウ・・・・・4g
  タイソウ・・・・4g    ケイヒ・・・・・3g
  シャクヤク・・・3g    カンゾウ・・・・2g
  ショウキョウ・・1g
 に相当

D-ソルビトール,白糖,クエン酸,クエン酸ナトリウム,dl-リンゴ酸,安息香酸ナトリウム,パラベン,エタノール

副作用・注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
    むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
    高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

〔関係部位 : 症状〕
 皮膚 : 発疹・発赤、かゆみ
 消化器 : 吐き気、食欲不振、胃部不快感

 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

〔症状の名称 : 症状〕
 偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。

 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

3.1ヵ月位(感冒の初期、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

その他注意

◇上記以外の記載内容◇

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)封をあけたら飲みきってください。封をあけたまま保存しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ラベリン葛根湯内服液のまとめ

ラベリン葛根湯内服液は漢方薬です。メーカー希望小売価格は3本:。第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「漢方薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「葛根湯の内服液剤」。ラベリン葛根湯内服液が属する漢方薬は、動物や植物など、天然由来の原料や成分を組み合わせたお薬です。顆粒が一般的ですが、丸薬やドリンクタイプの商品もあります。甘草(カンゾウ)、芍薬(シャクヤク)や桂皮(ケイヒ)などが使われることが多く、栄養補給から足腰の冷えや風邪、排尿困難や肝腎機能、更年期障害を改善するものまで、作用は多種多様です。

問合せ窓口

ジェ-ピ-エス製薬 お客様相談室

住所

神奈川県横浜市都筑区東山田4-42-22

電話

045(593)2136

受付時間

9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

製造販売元名

ジェーピーエス製薬株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html