あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ヘパリーゼプラスⅡ 180錠(ヘパリ-ゼプラス2 180ジヨウ)

メーカー希望小売価格:
180錠:4500円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:ゼリア新薬工業株式会社
0

キャッチコピー

疲れやだるさに

効果・使用法

効能・効果

滋養強壮,胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,虚弱体質

(このような時の栄養補給,滋養強壮に)
疲れたとき 胃腸の調子が悪い 食欲がない

用法・用量

次の1回量を1日2回服用してください。
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないでください。
 〔1日服用回数〕 服用しないでください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)食前・食後,いずれの服用でもかまいません。

成分・分量

1日量(6錠)中
 〔成  分〕 肝臓水解物
 〔分  量〕 600mg
 〔はたらき〕 天然の良質なレバーを消化吸収しやすいように分解したものです。
        肝臓の新陳代謝を活発にする事により,滋養強壮効果を発揮します。

 〔成  分〕 イノシトール
 〔分  量〕 100mg
 〔はたらき〕 肝臓水解物とともに働いて滋養強壮効果を発揮します。

 〔成  分〕 ビタミンB2(リボフラビン)
 〔分  量〕 12mg
 〔はたらき〕 全身の新陳代謝に欠かせないビタミンです。

 〔成  分〕 ビタミンE酢酸エステル
 〔分  量〕 10mg
 〔はたらき〕 全身の新陳代謝に欠かせないビタミンです。

添加物:D-マンニトール,ケイ酸カルシウム,カルメロースカルシウム,ステアリン酸マグネシウム,アラビアゴム末,結晶セルロース,精製白糖,ヒプロメロース,プルラン,硫酸カルシウム,黄色三二酸化鉄,三二酸化鉄,赤色三号,青色一号,カルナウバロウ

<成分・分量に関連する注意>
●本剤の服用により,尿が黄色になることがありますが,これは成分のビタミンB2によるものですので,ご心配ありません。

副作用・注意

相談すること

1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
     皮膚   : 発疹
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)高温となる場所には保管しないでください。(錠剤の亀裂や変色の原因となります。)
(3)小児の手のとどかない所に保管してください。
(4)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(5)瓶の中の詰め物を捨てたのちは,落下等の衝撃で錠剤破損(糖衣の欠け)が生じることがありますので,取扱いには注意してください。なお,開封時等に肝臓水解物の特有なにおいを感じることがあります。
(6)本剤は糖衣錠ですので,水分が錠剤につくと,表面の糖衣が一部とけて,変色又はむらが生じることがありますから,ぬれた手で取扱わないようにしてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ヘパリーゼプラスⅡ 180錠のまとめ

ヘパリーゼプラスⅡ 180錠はその他のビタミン含有保健薬です。メーカー希望小売価格は180錠:4500円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「その他のビタミン含有保健薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「疲れやだるさに」。ヘパリーゼプラスⅡ 180錠が属するその他のビタミン含有保健薬は、ビタミン補給を目的としたお薬です。

本品についてのお問い合わせは,お買い求めのお店又は下記にお願い申し上げます。



問合せ窓口

ゼリア新薬工業株式会社 お客様相談室

住所

〒103-8351 東京都中央区日本橋小舟町10-11

電話

03-3661-2080

受付時間

9:00~17:50(土・日・祝日を除く)

製造販売元名

ゼリア新薬工業株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html