あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ピンプリット にきび治療薬C(ピンプリツト ニキビチリョウヤクC)

メーカー希望小売価格:
15g:1000円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:
0

キャッチコピー

●にきびを3ステップの作用で治療●オイルフリー●無香料・弱酸性●患部がカサつきにくい使用感●無色タイプ

効果・使用法

〔にきび治療のポイント〕
にきびを早く治療するために、生活面でも次のことに注意しましょう。
①顔、背中、胸などの肌はもちろんですが、髪の毛や直接肌に触れる下着、タオル類も常
に清潔に保ちましょう。
②脂肪、糖類を控え、肌のためのビタミンB2・B6、カロテンなどを補給できるバランスの良
い食生活を心がけましょう。
③自律神経のバランスを整えるため、十分な睡眠、適度な運動、ストレスの少ない生活を
心がけましょう。
④にきびの部分に髪がかからないよう、ヘアスタイルに工夫し、にきびを手でさわらないよ
う注意しましょう。

効能・効果

にきび

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください。

(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま
湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

成分・分量

(1g中) 
イオウ:40mg
レゾルシン:20mg
グリチルレチン酸:3mg

添加物として、ゲラニオール、エタノール、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ヒアルロ
ン酸Na、乳酸、亜硫酸水素Na、ベントナイトを含有します。

副作用・注意

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)湿潤やただれのひどい人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中
止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
〔関係部位〕    〔症  状〕
 皮 膚・・・・・・・発疹・発赤、かゆみ
3.5~6日間くらい使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる場合があり
ます。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても開封後
は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(5)ご使用後は、チューブの口元をきれいにふいた後、しっかりキャップをしめて保管してく
ださい。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ピンプリット にきび治療薬Cのまとめ

ピンプリット にきび治療薬Cはにきび治療薬です。メーカー希望小売価格は15g:1000円(税抜)。第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「にきび治療薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「●にきびを3ステップの作用で治療●オイルフリー●無香料・弱酸性●患部がカサつきにくい使用感●無色タイプ」。ピンプリット にきび治療薬Cが属するにきび治療薬は、ニキビや吹き出物に使用する塗り薬です。多くの商品に、有効成分としてニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールや、赤みを抑えるグリチルレチン酸が配合されています。クリームタイプだけはなく、背中など広範囲に使用できるローションタイプもあります。

本品に関するお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記にお願いいたします。



問合せ窓口

資生堂薬品株式会社 お客さま窓口

住所

東京都中央区銀座7-5-5

電話

03-3573-6673

受付時間

受付時間 9:30~17:00(土、日、祝日を除く)

問合せ先情報

発売元 資生堂薬品株式会社
 東京都中央区銀座7-5-5
製造販売元 株式会社 資生堂
 東京都中央区銀座7-5-5

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html