あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ドックマン肝寿(ドツクマンカンジユ)

メーカー希望小売価格:
60錠:1980円(税抜)
100錠:2980円(税抜)
200錠:5480円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:全薬工業株式会社
1

キャッチコピー

滋養強壮剤。

効果・使用法

効能・効果

滋養強壮、肉体疲労・病中病後・食欲不振・発熱性消耗性疾患・栄養障害・妊娠授乳期な
どの場合の栄養補給、虚弱体質。

用法・用量

次の量を1日2回服用してください。
 15才以上:4錠
 15才未満:服用しないこと

(1)錠剤の取り出し方
   錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、
   取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突
   き刺さる等思わぬ事故につながる。)
(2)本剤は水又はぬるま湯で服用してください。

成分・分量

(8錠中)
 肝臓加水分解物          200mg
 胆汁エキス末            50mg
 L-システイン          120mg
 グリチルリチン酸          20mg
 葉酸                 1mg
 グリシン              60mg
 タウリン             240mg
 リボフラビン酪酸エステル      12mg
 (脂溶性ビタミンB2)
 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10mg

添加物としてゼラチン、タルク、炭酸Ca、ヒドロキシプロピルセルロース、カルナウバ
ロウ、還元麦芽糖水アメ、クロスカルメロースNa、硬化油、酸化チタン、ステアリン酸
Mg、セルロース、白糖、ヒプロメロース、ポビドン、ポリオキシエチレンポリオキシプ
ロピレングリコール、マクロゴール、メタケイ酸アルミン酸Mg、リン酸水素Ca、リン
酸リボフラビンNaを含有します。

本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、これは本剤中のリボフラビン酪酸エ
ステル(脂溶性ビタミンB2)によるものですので、ご心配ありません。

副作用・注意

相談すること

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   ●消化器:胃部不快感、胃部膨満感、食欲不振、吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強
  が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他注意

◇上記以外の記載内容◇

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ドックマン肝寿のまとめ

ドックマン肝寿はビタミン含有保健薬(固形剤)です。メーカー希望小売価格は60錠:1980円(税抜)/100錠:2980円(税抜)/200錠:5480円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「ビタミン含有保健薬(固形剤)」に分類される商品です。

キャッチコピーは「滋養強壮剤。」。ドックマン肝寿が属するビタミン含有保健薬(固形剤)は、滋養強壮や、肉体疲労時の栄養補給に効果がある飲み薬です。錠剤やカプセルタイプが一般的で、食事で摂取した栄養を効率よくエネルギーに変える成分やビタミン類、紅参やローヤルゼリーなどの生薬が配合されている商品が多くなっています。

本品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店(薬局・薬店)、又は下記にお願いい
たします。



問合せ窓口

全薬工業お客様相談室

住所

〒112-8650 東京都文京区大塚5-6-15

電話

03(3946)3610

受付時間

9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)

備考

317C01A00771

製造販売元名

全薬工業株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html