あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

クロキュアb(クロキユアb)

メーカー希望小売価格:
800円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:小林製薬
0

キャッチコピー

●黒ずんだひじ・ひざのザラザラを改善してなめらかな素肌にしていくクリームタイプの塗り薬です●有効成分「尿素」が黒ずんだ角質を取り除きます●代謝促進成分が皮ふの生まれ変わりを促して、キレイな素肌に改善していきます

効果・使用法

効能・効果

ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指のあれ、さめ肌、老人の乾皮症

用法・用量

1日数回、適量を患部にすりこんでください

(1)定められた用法・用量を守ること
(2)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が思い場合には、眼科医の診療を受けること
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(4)外用にのみ使用すること
(5)化粧品ではないので、効能・効果で定められた患部にのみ使用し、基礎化粧等の目的で顔面には使用しないこと

成分・分量

成 分 (100g中)  / 分 量 / はたらき
尿素              /20.0g/黒ずんだ角質を除去し、皮ふをなめらかにします
トコフェロール酢酸エステル   / 0.5g/血行を促進し、皮ふの代謝を助けます
グリチルリチン酸モノアンモニウム/ 0.5g/皮ふの炎症を抑えます

ポリソルベート60、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、グリセリン、プロピレングリコール、パラベン、パラフィン、流動パラフィン、ステアリルアルコール、セタノール、ミリスチン酸イソプロピル、カルボキシビニルポリマー、スクワラン、トリエタノールアミンを含有する

副作用・注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲、粘膜等
(2)引っかき傷等のきずぐち、亀裂(ひび割れ)部位
(3)かさぶたの用に皮ふがはがれているところ
(4)炎症部位(ただれ・赤く腫れているところ)

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位/  症  状
 皮ふ /発疹・発赤、かゆみ、刺激感(痛み、熱感、ピリピリ感)、かさぶたの様に皮ふがはがれる状態
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱い上の注意

(1)本剤のついた手で、目や粘膜に触れないこと
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(3)小児の手の届かない所に保管すること
(4)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

クロキュアbのまとめ

クロキュアbは皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)です。メーカー希望小売価格は800円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)」に分類される商品です。

キャッチコピーは「●黒ずんだひじ・ひざのザラザラを改善してなめらかな素肌にしていくクリームタイプの塗り薬です●有効成分「尿素」が黒ずんだ角質を取り除きます●代謝促進成分が皮ふの生まれ変わりを促して、キレイな素肌に改善していきます」。クロキュアbが属する皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)は、手の荒れをはじめ、かかとやひじが硬くなる角化症などの乾燥肌に使うお薬です。白く粉をふいたようなカサカサとした肌にうるおいを与え、なめらかな肌の状態に整えます。有効成分として用いられている尿素やグリチルリチン酸が皮膚に水分を与え、かゆみなどの炎症を抑えます。

製品のお問合せは、お買い求めのお店またはお客様相談室にお願いいたします



問合せ窓口

小林製薬株式会社 お客様相談室

住所

〒541-0045 大阪市中央区道修町4-4-10

電話

0120-5884-01

受付時間

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

問合せ先情報

副作用被害救済制度 0120-149-931

製造販売元名

小林製薬

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html