あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

ガロール健芯液(ガロールケンシンエキ)

メーカー希望小売価格:
10本:3700円(税抜)
2本:800円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:
0

キャッチコピー

複合胃腸薬

効果・使用法


(本剤は小児用ですが、鼻炎用薬として定められた一般的な事項を記載しています。)

効能・効果

食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐。

用法・用量

次の1回量を1日3回を限度として服用する。ただし、服用間隔は4時間以上おくこと。
〔年   令〕   成人(15歳以上)
〔1 回 量〕   1本
※15歳未満 服用しないこと

成分・分量

1本30mL
〔成  分〕          〔含 有〕
胆汁エキス            33.3mg
カッコウ抽出液          2.67mL(原生薬として266.7mg)
ニンジンエキス          54.1mg(原生薬として600mg)
カンゾウエキス          125mg(原生薬として500mg)
ビャクジュツエキス        90.9mg(原生薬として500mg)
ケイヒ流エキス          0.67mL(原生薬として666.7mg)
ショウキョウ流エキス       0.2mL(原生薬として200mg)
塩化カルニチン           100mg


添加物:白糖、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、香料。

副作用・注意

してはいけないこと


(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)


 長期連用しないこと。

相談すること


1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談すること。
  1)医師の治療を受けている人。
  2)高齢者。
  3)次の症状のある人。
    むくみ
  4)次の診断を受けた人。
    高血圧、腎臓病、心臓病。

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この製品をもって医師または薬剤師に相談
すること。
  1)服用後、次の症状があらわれた場合。
    〔関係部位〕  〔症   状〕
     皮膚   : 発疹・発赤、かゆみ
  まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受ける
  こと。
     〔症状の名称〕     〔症   状〕
    偽アルドステロン症 : 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、
                まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、
                頭痛などがあらわれる。
  2)5~6日間服用しても症状がよくならない場合。

保管及び取扱い上の注意

 1.直射日光の当たらない少ない涼しい所に保管すること。
 2.小児の手のとどかない所に保管すること。
 3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
 4.まれに沈殿を生じることがありますが、薬効にはかわりありません。
 5.表示の使用期限を過ぎたものは服用しないこと。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

ガロール健芯液のまとめ

ガロール健芯液は複合胃腸薬です。メーカー希望小売価格は10本:3700円(税抜)/2本:800円(税抜)。第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「複合胃腸薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「複合胃腸薬」。ガロール健芯液が属する複合胃腸薬は、胃痛、胃もたれ、胸やけ、むかつき、胃部膨満感、消化不良、胃酸過多、胃弱などの症状に効果のある薬です。お子さまでも服用できるタイプの商品もあります。錠剤のほかに、顆粒、薬液、微粒、細粒などもそろっています。



本製品に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。



問合せ窓口

 1.購入した薬局・薬店

 2.日水製薬株式会社 お客様相談窓口

住所

東京都台東区上野3-23-9

電話

03-3837-0987

受付時間

午前10時~12時 午後1時~5時(土・日・祝日を除く)

備考

237E00A10190

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html