あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

オキソピタンDXゴールド(オキソピタンDXゴ-ルド)

メーカー希望小売価格:
90cp:5334円(税抜)
180cp:9515円(税抜)
360cp:17143円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:米田薬品工業株式会社
0

キャッチコピー

関節痛・腰痛 手足のしびれ

効果・使用法

効能・効果

次の諸症状の緩和:筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労、便秘
脚気 「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。」
次の場合のビタミンB1補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

用法・用量

15歳以上1回2カプセル 11歳以上15歳未満1回1カプセル 1日3回食後に服用してください。

<注意>
小児に服用させる場合には保護者の指導監督のもとに服用させてください。

カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で押して取り出しますが、余り力が強すぎますと、カプセルが割れる場合がありますので、ツメを立てず指先でやさしく押し出してください。(誤ってそのまま飲み込まないでください)

成分・分量

6カプセル中
理研オキソレヂン末・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000mg
(にんにく抽出成分)
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・・・・・・・・・・・・・・450mg
シアノコバラミン倍散・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60mg
(ビタミンB12 60μg)
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)・・・51.79mg
チアミン硝化物(ビタミンB1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・30mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・・・・・・・・・・・・・・・50mg
リボフラビン(ビタミンB2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12mg
ガンマ-オリザノール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10mg

添加物として、塩酸グルコサミン(緩衝剤)、二酸化ケイ素、バレイショデンプン、ラウリン酸ソルビタン、ゼラチン、白糖、タルク、グリセリン脂肪酸エステル、炭酸カルシウムを含み、カプセル本体はヒプロメロース、酸化チタン、赤色102号を原料とする。

●使用のカプセルは、牛、豚などの動物性ではなく、植物性のセルロースカプセルを使用しております。

副作用・注意

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、消化器に吐き気・嘔吐の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
3.次の場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)服用後、軟便、下痢の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合。(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光をさけ、湿気の少ない涼しい所に保管してください。(2)小児の手の届かない所に保管してください。(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。(4)外箱に表示した使用期限内に服用してください。(5)本剤は、開封後の保管の状況により、臭いがする場合がありますが、内容成分に変化はございませんのでご安心ください。(6)PTPのアルミ箔が破れ、中身のカプセルが変質しないように、保管及び携帯にご注意ください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

オキソピタンDXゴールドのまとめ

オキソピタンDXゴールドはビタミンB1主薬製剤です。メーカー希望小売価格は90cp:5334円(税抜)/180cp:9515円(税抜)/360cp:17143円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「ビタミンB1主薬製剤」に分類される商品です。

キャッチコピーは「関節痛・腰痛 手足のしびれ」。オキソピタンDXゴールドが属するビタミンB1主薬製剤は、眼精疲労や肩こり、関節痛、腰痛、神経痛、また肉体疲労時の症状などを緩和するお薬です。ビタミンB1誘導体などが代表的です。錠剤やカプセルタイプ、顆粒やゼリー状、ドリンク剤などさまざまなタイプがあります。

問合せ窓口

米田薬品工業株式会社 お客様相談室

住所

奈良県高市郡高取町市尾986

電話

0744-52-3720

受付時間

月~金曜日 10:00~16:00(土、日、祭日を除く)

製造販売元名

米田薬品工業株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html