あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

アクネザールT(アクネザ-ルT)

メーカー希望小売価格:
120錠:4800円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:ジャパンメディック株式会社
0

キャッチコピー

血清高コレステロールの改善に

効果・使用法

効能・効果

血清高コレステロールの改善

用法・用量

次の量を、食後に服用してください。
 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上)
 〔1回服用量 〕 2錠
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 15歳未満
 〔1回服用量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
●定められた用法、用量をお守りください。

成分・分量

1日量(4錠)中
 〔成  分〕                〔分  量〕
 リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2)   60mg

添加物としてトウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、タルクを含有する

<成分・分量に関連する注意>
※ビタミンB2は、体内に吸収され、その一部が尿中に排泄されるため、尿が黄色くなることがあります。
※本剤に見られるわずかな赤い斑点は、本剤を製造するときに有効成分をそのまま成型したことによるものです。

副作用・注意

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、胃部不快感、胸やけ、胃部膨満感、食欲
            不振
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
  ○下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。 

保管及び取扱い上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)又、本剤の容器に本剤以外のものを入れないでください。
4.使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
5.容器の中の詰め物は、輸送中に本剤が破損するのを防止するために入れてありますので、フタを開けた後は捨ててください。ただし、乾燥剤はそのまま容器に入れた状態で保管してください。
6.容器の中の乾燥剤は服用しないでください。
7.容器のフタのしめ方が不十分な場合は、湿気などの影響により本剤が変質するおそれがありますので、服用後はそのつど必ずフタをしっかりしめてください。
8.本剤に水分がつきますと、表面が変色したり、亀裂が生じたりすることがありますので、ご注意ください。
9.外箱と容器の「開封年月日」記入欄に、開封した日付を記入してください。
10.一度開封した後は、品質保持の点からなるべく早く服用してください。
11.この説明文書には、本剤を服用するときに必要な注意事項などが記載されていますので、服用が終わるまで本剤とともに外箱に入れて保管してください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

アクネザールTのまとめ

アクネザールTは高コレステロール低下薬です。メーカー希望小売価格は120錠:4800円(税抜)。第3類医薬品分類されるお薬です。

「高コレステロール低下薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「血清高コレステロールの改善に」。アクネザールTが属する高コレステロール低下薬は、血液中の高コレステロールを正常な値に近づける作用があるお薬です。有効成分として、エネルギーの代謝を助ける働きがあるパンテチン(パントテン酸誘導体)、コレステロールの吸収をおだやかにする大豆油不けん化物(ソイステロール)やリボフラビン酢酸エステル、活性酸素を抑えて手足の血行を改善する酢酸d-α-トコフェロールなどが含まれています。

問合せ窓口

ジャパンメディック株式会社 お客様相談窓口

住所

富山県富山市横越168

電話

076-438-1107

受付時間

月~金(祝祭日・年末年始を除く)9:00~17:00

製造販売元名

ジャパンメディック株式会社

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html