あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更新日:

アインAD軟膏S(アインADナンコウS)

メーカー希望小売価格:
15g:1500円(税抜)
メーカー/お問い合わせ先:
0

キャッチコピー

湿疹 皮膚炎 ただれ

効果・使用法

効能・効果

湿疹、皮膚炎、ただれ、あせも、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗擦してください。

(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)本剤の塗擦後わずかにほてり(熱感)を感じることがありますが、ごく短時間のうちに消失します。
(6)本剤を塗擦後、使用部位をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

成分・分量

1g中
〔成 分〕 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)
〔分 量〕 1.5mg
〔はたらき〕 抗炎症作用により皮膚炎等の症状を抑えます。

〔成 分〕 クロタミトン
〔分 量〕 50mg
〔はたらき〕 患部のかゆみを鎮めます。

〔成 分〕 トコフェロール酢酸エステル
〔分 量〕 5mg
〔はたらき〕 血行を促進し、治療を助けます。

〔成 分〕 イソプロピルメチルフェノール
〔分 量〕 1mg
〔はたらき〕 殺菌作用により、患部の化膿を防ぎます。

添加物として、ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、ソルビタンセスキオレイン酸エステル、モノステアリン酸グリセリン、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミドを含有します。

副作用・注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の部位には使用しないこと
(1)水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)目や目の周囲、口唇などの粘膜の部分等。
2.顔面には、広範囲に使用しないこと
3.長期連用しないこと

相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)患部が広範囲の人。
(6)湿潤やただれのひどい人。
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
 〔関係部位〕  :   〔症  状〕
    皮ふ    : 発疹・発赤、かゆみ
  皮ふ(患部) : みずむし・たむし等の白癬症、にきび、化膿症状、持続的な刺激感
(2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
 (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は使用しないでください。

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

アインAD軟膏Sのまとめ

アインAD軟膏Sは外用湿疹・皮膚炎用薬です。メーカー希望小売価格は15g:1500円(税抜)。指定第2類医薬品分類される市販薬の中では効果が強い成分が含まれるお薬です。

「外用湿疹・皮膚炎用薬」に分類される商品です。

キャッチコピーは「湿疹 皮膚炎 ただれ」。アインAD軟膏Sが属する外用湿疹・皮膚炎用薬は、肌の炎症を抑え、湿疹や皮膚炎のかゆみを鎮めるお薬です。かゆみだけの症状には抗ヒスタミンや鎮痒成分が配合されているもの、症状が軽く患部が広い場合には、非ステロイド系のお薬を用いるとよいでしょう。ステロイド配合ものは即効性があるとされており、症状が強い場合に用いられます。

本剤についてのお問い合わせは、お買い求めのお店または下記までご連絡ください。



問合せ窓口

株式会社 雪の元本店 お客様相談室

住所

奈良県橿原市大谷町182番地

電話

0744-22-2440

受付時間

9:00~12:00 13:00~17:00
(土、日、祝日を除く)

※ 市販薬情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受けたものです。

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html