あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アンスロビンP500注射用の基礎情報

アンスロビンP500注射用まとめ

  • アンスロビンP500注射用は血液製剤類に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品ではありません)。
  • 「血液製剤類」はヒトの血液を材料とするお薬です。血漿中の有効成分からタンパク質を抽出・精製したものが主に使用されます。
  • ショック、薬物過敏症の方には使えません。
  • 副作用として、蕁麻疹(赤い膨らみがあらわれる皮膚の病気)、悪寒(不快な寒気)、胸部不快感(胸部におこる痛みなど)が起きる可能性があります。
  • 重大な副作用として、喘鳴(呼吸時になる音)、呼吸困難(息苦しさなどの呼吸障害)、胸内苦悶(胸部に感じる強い苦痛感)が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1瓶 27522円
薬効分類名:
血漿分画製剤 (乾燥濃縮人アンチトロンビンIII製剤)
YJコード:
6343424D2071

概要

アンスロビンP500注射用は、血液製剤類に分類されます。
血液製剤類はヒトの血液を材料とするお薬です。
血漿中の有効成分からタンパク質を抽出・精製したものが主に使用されます。
体外からの異物に対する交代を持つため、感染症の治療にも使用されます。
また川崎病やギランバレー症候群の治療にも有効です。
血液製剤類の代表的なお薬は、フィブリノゲン,ベネフィックスなどです

効能または効果

先天性アンチトロンビンIII欠乏に基づく血栓形成傾向
本剤を添付の注射用水で溶解し、ゆるやかに静脈注射もしくは点滴静脈注射します。
本剤1日1,000〜3,000単位(又は20〜60単位/kg)を投与します。
なお、年齢、症状により医師の判断で減量します。
アンチトロンビンIII低下を伴う汎発性血管内凝固症候群(DIC)
本剤を添付の注射用水で溶解し、ゆるやかに静脈注射もしくは点滴静脈注射します。
アンチトロンビンIIIが正常の70%以下に低下した場合は、通常成人に対し、ヘパリンの持続点滴静脈注射のもとに、本剤1日1,500単位(又は30単位/kg)を投与します。
ただし、産科的、外科的DICなどで緊急処置として本剤を使用する場合は、1日1回40〜60単位/kgを投与します。なお、年齢、体重、症状により医師の判断で増減します。

用法および用量

本剤を添付の注射用水で溶解し、ゆるやかに静脈注射もしくは点滴静脈注射します。
本剤1日1,000〜3,000単位(又は20〜60単位/kg)を投与します。
なお、年齢、症状により医師の判断で減量します。

禁忌

●禁忌

ショック[本剤]、薬物過敏症[本剤]にあたる方は「禁忌」、すなわち利用してはならない状態です。診断や治療では、患者がこうした状況ではないか注意しながら使われます。上記のケースに該当する場合には、注意が必要ですので、医師とよく相談した上で治療を行ってください。

●慎重投与

失血性貧血、免疫不全症、免疫抑制状態にあたる方は「慎重投与」の対象です。この薬を使う場合、副作用が起きやすくなったり、重くなる場合があります。上記のケースに該当する場合には、注意が必要ですので、医師とよく相談した上で治療を行ってください。

副作用

喘鳴(呼吸時になる音)、呼吸困難(息苦しさなどの呼吸障害)、血圧低下、などが重大な副作用として報告されています。

また、蕁麻疹(赤い膨らみがあらわれる皮膚の病気)、悪寒(不快な寒気)、胸部不快感(胸部におこる痛みなど)、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「血液製剤類」に関連する体験談(不整脈の治療)

ジェネリック医薬品

同じ効果をもつジェネリック医薬品はありません。

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html