あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ケトチフェンシロップ小児用0.02%「TCK」の基礎情報

ケトチフェンシロップ小児用0.02%「TCK」まとめ

  • ケトチフェンシロップ小児用0.02%「TCK」はその他のアレルギー用薬に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「その他のアレルギー用薬」はアレルギー症状を引きおこすのを止めるお薬です。
  • ケトチフェンシロップ小児用0.02%「TCK」の情報は現在調査中です。

更新日:
薬価:
1mL 6.4円
薬効分類名:
アレルギー性疾患治療剤
YJコード:
4490003Q1168

概要

ケトチフェンシロップ小児用0.02%「TCK」は、その他のアレルギー用薬に分類されます。
その他のアレルギー用薬はアレルギー症状を引きおこすのを止めるお薬です。
炎症を抑えるために使われます。
眠気を引き起こすことがあるので、車の運転には注意しましょう。
その他のアレルギー用薬の代表的なお薬は、インタール,トランサミン,オノン,キプレス,ザイザル,アイピーディなどです

効能または効果

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症

用法および用量

**ケトチフェンシロップ小児(おおむね中学生以下)用0.02%「TCK」
通常、小児には1日量0.3mL/kg(ケトチフェンとして0.06mg/kg)を2回、朝食後及び就寝前に分けて服用します。
なお、年齢・症状により医師の判断で増減します。
年齢別の標準投与量は、通常、下記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分けて服用します。
ただし、1才未満の乳児に使用する場合には体重、症状などを考慮して医師の判断で投与量を決めること。
**ケトチフェンDS小児用0.1%「TCK」
通常、小児には1日量0.06g/kg(ケトチフェンとして0.06mg/kg)を2回、朝食後及び就寝前に分け、用時溶解(必要なときに溶かすこと)して服用します。
なお、年齢・症状により医師の判断で増減します。
年齢別の標準投与量は、通常、下記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分け、服用します。
ただし、1才未満の乳児に使用する場合には体重、症状などを考慮して医師の判断で投与量を決めること。

禁忌

副作用

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「その他のアレルギー用薬」に関連する体験談(アレルギー性鼻炎の治療)

「その他のアレルギー用薬」に関連する体験談(アレルギー性鼻炎の治療)

「その他のアレルギー用薬」に関連する体験談(アレルギー性鼻炎の治療)

「その他のアレルギー用薬」に関連する体験談(喘息の治療)

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html