あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

エスワンケーケー配合錠T20の基礎情報

エスワンケーケー配合錠T20まとめ

  • エスワンケーケー配合錠T20は代謝拮抗剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「代謝拮抗剤」はがん細胞の代謝を抑制し、がんの増殖を防ぐ抗がん剤です。
  • エスワンケーケー配合錠T20の情報は現在調査中です。

更新日:
薬価:
1錠 369.8円
薬効分類名:
代謝拮抗剤
YJコード:
4229101F3037

概要

エスワンケーケー配合錠T20は、代謝拮抗剤に分類されます。
代謝拮抗剤はがん細胞の代謝を抑制し、がんの増殖を防ぐ抗がん剤です。
白血病、胃がん、乳がん、子宮頸がん等の治療に使用されます。
嘔吐、便秘、口内疱疹、発熱、体重減少等の副作用があります。
代謝拮抗剤の代表的なお薬は、ロイケリン,メソトレキセート,5-FU,ゼローダ,キロサイド,ジェムザール,アリムタ,ユーエフティ,TS-1などです

効能または効果

胃癌

用法および用量

通常、成人には初回投与量(1回量)を体表面積に合せて次の基準量とし、朝食後及び夕食後の1日2回、28日間連日服用し、その後14日間休薬します。これを1クールとして投与を繰り返す。
体表面積 初回基準量(テガフール相当量)
1.25m2未満 40mg/回
1.25m2以上〜1.5m2未満 50mg/回
1.5m2以上 60mg/回
なお、患者の状態により医師の判断で増減します。増減量の段階を40mg、50mg、60mg、75mg/回とします。増量は本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がなく、増量できると判断される場合に初回基準量から一段階までとし、75mg/回を限度とします。また、減量は通常、一段階ずつ行い、最低投与量は40mg/回とします。

禁忌

副作用

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「代謝拮抗剤」に関連する体験談(胃がんの治療)

「代謝拮抗剤」に関連する体験談(食道がんの治療)

「代謝拮抗剤」に関連する体験談(膵臓がんの治療)

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html