あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

キネダック錠50mgの基礎情報

キネダック錠50mgまとめ

  • キネダック錠50mgは他に分類されない代謝性医薬品に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品ではありません)。
  • 「他に分類されない代謝性医薬品」は代謝を促したり、抑制する作用のあるお薬です。免疫抑制剤、骨粗しょう症治療薬、リウマチの薬等があります。
  • 副作用として、胸部不快感(胸部におこる痛みなど)、脱力感(体の力がぬけて、疲れを感じること)、脱毛(毛がぬけること)が起きる可能性があります。
  • 重大な副作用として、黄疸(身体の一部が黄色く見えるもの)、ALT上昇、AST上昇が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1錠 121.7円
薬効分類名:
アルドース還元酵素阻害剤
YJコード:
3999013F1231

概要

キネダック錠50mgは、他に分類されない代謝性医薬品に分類されます。
他に分類されない代謝性医薬品は代謝を促したり、抑制する作用のあるお薬です。
免疫抑制剤、骨粗しょう症治療薬、リウマチの薬等があります。
他に分類されない代謝性医薬品の代表的なお薬は、コンドロイチン,ラクツロース,ネスプ,プログラフ,エビスタ,メソトレキセート,エンブレル,ヒュミラ,イムラン,エパルレスタットなどです

効能または効果

糖尿病性末梢神経障害に伴う自覚症状(しびれ感、疼痛)、振動覚異常、心拍変動異常の改善
(糖化ヘモグロビンが高値を示す場合)

用法および用量

通常、成人にはエパルレスタットとして1回50mgを1日3回毎食前に服用します。
なお、年齢、症状により医師の判断で増減します。

禁忌

副作用

ALT上昇、AST上昇、GOT上昇、などが重大な副作用として報告されています。

また、胸部不快感(胸部におこる痛みなど)、脱力感(体の力がぬけて、疲れを感じること)、脱毛(毛がぬけること)、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「他に分類されない代謝性医薬品」に関連する体験談(子宮頸がんの治療)

「他に分類されない代謝性医薬品」に関連する体験談(子宮外妊娠の治療)

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html