あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

キンダリー透析剤4Eの基礎情報

キンダリー透析剤4Eまとめ

  • キンダリー透析剤4Eは人工腎臓透析用剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品ではありません)。
  • 「人工腎臓透析用剤」は血液透析に使われる薬剤です。老廃物や過剰な水分をろ過して取り除く際に使用します。
  • 肝障害、重症糖尿病(酢酸代謝障害)の方には使えません。
  • 副作用として、痙攣(けいれん)、嘔吐(食べたものを吐いてもどすこと)、悪心(吐き気を催すなど気持ち悪くなること)が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1組 1328円
薬効分類名:
人工腎臓用粉末型透析用剤
YJコード:
3410539D2026

概要

キンダリー透析剤4Eは、人工腎臓透析用剤に分類されます。
人工腎臓透析用剤は人工透析に使われる薬剤です。
老廃物や過剰な水分をろ過して取り除く際に使用します。
人工腎臓透析用剤の代表的なお薬は、メイロンなどです

効能または効果

慢性腎不全における透析型人工腎臓の灌流液として用います。
(無糖の透析液では血糖値管理の困難な患者及び他の重炭酸型透析液では高カリウム血症、高マグネシウム血症の改善が不十分な場合、又は高カルシウム血症を起こすおそれのある場合に用います。)

用法および用量

通常、粉末溶解装置で溶解し、血液透析を行う場合の灌流液として使用します。
用時、A剤(2,988.0g)に透析用希釈用水を加えて溶解し、10LとしA液とします。
B剤(炭酸水素ナトリウム808.5g)に透析用希釈用水を加えて、所定の容量に溶解し、これにA液10L及び透析用希釈用水を加えて350Lとします。
用量は透析時間により異なるが、通常、灌流液として150〜300Lを用います。
<調製後の糖・電解質濃度(理論値)>
電解質濃度
Na 140mEq/L
K 2.0mEq/L
Ca++ 2.75mEq/L
Mg++ 1.0mEq/L
Cl 112.25mEq/L
CH3COO 8mEq/L
HCO3 27.5mEq/L
ブドウ糖 C6H12O6 125mg/dL
※pH調節剤氷酢酸のCH3COO2mEq/Lを含む。

禁忌

●慎重投与

肝障害[高度]、重症糖尿病(酢酸代謝障害)にあたる方は「慎重投与」の対象です。この薬を使う場合、副作用が起きやすくなったり、重くなる場合があります。上記のケースに該当する場合には、注意が必要ですので、医師とよく相談した上で治療を行ってください。

副作用

また、痙攣(けいれん)、水分摂取増加、線維性骨炎、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

ジェネリック医薬品

同じ効果をもつジェネリック医薬品はありません。

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html