あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「YD」の基礎情報

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「YD」まとめ

  • ヘパリン類似物質クリーム0.3%「YD」は血液凝固阻止剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「血液凝固阻止剤」は血栓ができにくい状態にするお薬です。
  • 僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者、出血性血液疾患(血友病・血小板減少症・紫斑病)の方には使えません。
  • 副作用として、紫斑(あざ)、潮紅(赤らむこと)、発疹(皮膚にみられる色調や形態の変化)が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1g 10.1円
薬効分類名:
血行促進・皮膚保湿剤
YJコード:
3339950N1051

概要

ヘパリン類似物質クリーム0.3%「YD」は、血液凝固阻止剤に分類されます。
血液凝固阻止剤は血栓ができにくい状態にするお薬です。
脳梗塞や心筋梗塞の発症、再発を防ぐために使われます。
出血しやすく、けがをしたとき血液が止まりにくくなっているため、けがには注意しましょう。
血液凝固阻止剤の代表的なお薬は、ワルファリンK,ヘパリン,クレキサン,プラザキサ,エリキュース,ヒルドイド,リクシアナなどです

効能または効果

血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

用法および用量

通常、1日1〜数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付します。
相互作用

禁忌

●禁忌

僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者、出血性血液疾患(血友病・血小板減少症・紫斑病)にあたる方は「禁忌」、すなわち利用してはならない状態です。診断や治療では、患者がこうした状況ではないか注意しながら使われます。上記のケースに該当する場合には、注意が必要ですので、医師とよく相談した上で治療を行ってください。

副作用

また、紫斑(あざ)、潮紅(赤らむこと)、発疹(皮膚にみられる色調や形態の変化)、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「血液凝固阻止剤」に関連する体験談(アトピー性皮膚炎の治療)

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html