あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ハイピリドキシン注10mgの基礎情報

ハイピリドキシン注10mgまとめ

  • ハイピリドキシン注10mgはビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)」は体内の代謝を助ける働きをしています。
  • 副作用として、過敏症状(刺激に対し過剰に反応すること)、疼痛(しびれなどピリつく痛み)、嘔吐(食べたものを吐いてもどすこと)が起きる可能性があります。
  • 重大な副作用として、尿中ミオグロビン上昇、腎障害、血中ミオグロビン上昇が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1管 56円
薬効分類名:
ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)
YJコード:
3134402A1206

概要

ハイピリドキシン注10mgは、ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)に分類されます。
ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)は体内の代謝を助ける働きをしています。
不足すると貧血や口内炎を引き起こします。
ビタミンB剤の代表的なお薬は、ビスラーゼ,ハイボン,フラビタン,パントール,ピリドキサール,フォリアミン,シアノコバラミン,メチコバールなどです

効能または効果

効能又は効果
ビタミンB欠乏症の予防および治療(薬物投与によるものを含む、例えばイソニアジド)
ビタミンBの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)
ビタミンB依存症(ビタミンB反応性貧血など)
下記疾患のうち、ビタミンBの欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合
口角炎、口唇炎、舌炎、口内炎
急・慢性湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、アトピー皮膚炎、尋常性
末梢神経炎
放射線障害(宿酔)
(この項の適応に対しては、効果がないのに1ヶ月以上にわたって漫然と使用すべきでない)
*用法及び用量
ピリドキサールリン酸エステル水和物として、通常成人1日5〜60mgを1〜2回に分けて、皮下、筋肉内又は静脈内に注射します。なお、年令、症状により医師の判断で増減します。きわめてまれですが、依存症の場合には、より大量を用いる必要のある場合もある。

用法および用量

*用法及び用量
ピリドキサールリン酸エステル水和物として、通常成人1日5〜60mgを1〜2回に分けて、皮下、筋肉内又は静脈内に注射します。なお、年令、症状により医師の判断で増減します。きわめてまれですが、依存症の場合には、より大量を用いる必要のある場合もある。
相互作用
併用注意
  • 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子

    パーキンソン病治療薬(レボドパ)
    末梢でのレボドパの脱炭酸化を促進するため、レボドパの作用が減弱することがあります。 ビタミンBはレボドパ脱炭酸酵素の補酵素であり、併用によりレボドパの末梢での脱炭酸化を促進し、レボドパの脳内作用部位への到達量を減少させると考えられる。

禁忌

副作用

尿中ミオグロビン上昇、腎障害、血中ミオグロビン上昇、などが重大な副作用として報告されています。

また、過敏症状(刺激に対し過剰に反応すること)、疼痛(しびれなどピリつく痛み)、嘔吐(食べたものを吐いてもどすこと)、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

ジェネリック医薬品

同じ効果をもつジェネリック医薬品はありません。

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html