あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アルファカルシドールカプセル0.25μg「BMD」の基礎情報

アルファカルシドールカプセル0.25μg「BMD」まとめ

  • アルファカルシドールカプセル0.25μg「BMD」はビタミンA及びD剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「ビタミンA及びD剤」はビタミンA及びD剤に分類されます。
  • アルファカルシドールカプセル0.25μg「BMD」の情報は現在調査中です。

更新日:
薬価:
1カプセル 5.8円
薬効分類名:
活性型ビタミンD3製剤
YJコード:
3112001M1313

概要

アルファカルシドールカプセル0.25μg「BMD」は、ビタミンA及びD剤に分類されます。
ビタミンA及びD剤はビタミンA及びD剤に分類されます。
ビタミンAは光を感じる働きをし、不足すると夜盲症を引き起こします。
ビタミンDは骨の形成を助ける働きをし、不足すると骨粗鬆症を引き起こします。
ビタミンA及びD剤の代表的なお薬は、チョコラ,ザーネ,アルファロール,エディロールなどです

効能または効果

下記疾患におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症、テタニー、骨痛、骨病変等)の改善
  慢性腎不全
  副甲状腺機能低下症
  ビタミンD抵抗性クル病・骨軟化症
骨粗鬆症

用法および用量

本剤は、患者の血清カルシウム濃度の十分な管理のもとに、投与量を調整します。
慢性腎不全、骨粗鬆症の場合
通常、成人1日1回アルファカルシドールとして0.5〜1.0μg(1μgは百万分の一グラム)を服用します。
ただし、年齢、症状により医師の判断で増減します。
副甲状腺機能低下症、その他のビタミンD代謝異常に伴う疾患の場合
通常、成人1日1回アルファカルシドールとして1.0〜4.0μgを服用します。
ただし、疾患、年齢、症状、病型により医師の判断で増減します。
(小児(おおむね中学生以下)用量)
通常、小児に対しては骨粗鬆症の場合には1日1回アルファカルシドールとして0.01〜0.03μg/kgを、その他の疾患の場合には1日1回アルファカルシドールとして0.05〜0.1μg/kgを服用します。ただし、疾患、症状により医師の判断で増減します。

禁忌

副作用

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html