あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ベーエム錠100mgの基礎情報

ベーエム錠100mgまとめ

  • ベーエム錠100mgはその他の消化器官用薬に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。
  • 「その他の消化器官用薬」は胃・十二指腸における消化性潰瘍に対するお薬です。
  • 副作用として、便秘(排泄物がお腹の中にたまっている状態)、そう痒感(そうようかん、かゆみがでること)、倦怠感(疲れやすさを感じたりからだがだるくなる)が起きる可能性があります。
  • 重大な副作用として、黄疸(身体の一部が黄色く見えるもの)、AST上昇、肝機能障害が起きる可能性があります。

更新日:
薬価:
1錠 5.6円
薬効分類名:
消化管運動調律剤
YJコード:
2399006F1463

概要

ベーエム錠100mgは、その他の消化器官用薬に分類されます。
その他の消化器官用薬は胃・十二指腸における消化性潰瘍に対するお薬です。
胃酸の分泌を抑えたり、胃酸を中和する作用があります。
その他の消化器官用薬の代表的なお薬は、ゾフラン,カイトリル,アロキシ,イメンド,イリボー,ナゼア,プリンペラン,ナウゼリンなどです

効能または効果

○慢性胃炎における消化器症状(腹部膨満感、腹部疼痛、悪心、あい気)
○過敏性腸症候群

用法および用量

○慢性胃炎における消化器症状に使用する場合
トリメブチンマレイン酸塩として、通常成人1日量300mg(本剤3錠)を3回に分けて服用します。
年齢、症状により医師の判断で増減します。
○過敏性腸症候群に使用する場合
トリメブチンマレイン酸塩として、通常成人1日量300〜600mg(本剤3〜6錠)を3回に分けて服用します。
相互作用

禁忌

副作用

AST上昇、黄疸(身体の一部が黄色く見えるもの)、肝機能障害、などが重大な副作用として報告されています。

また、便秘(排泄物がお腹の中にたまっている状態)、めまい、そう痒感(そうようかん、かゆみがでること)、などが副作用として報告されています。

こちらに掲載している副作用や禁忌の情報は、おくすりの公式情報である「添付文書」より一部を抜粋し、まとめたものです。よりくわしくは、

医薬品医療機器総合機構の医療用医薬品 情報検索からお調べください。

関連する病気の体験談

関連する体験談

「その他の消化器官用薬」に関連する体験談(潰瘍性大腸炎の治療)

「その他の消化器官用薬」に関連する体験談(胃食道逆流症の治療)

「その他の消化器官用薬」に関連する体験談(ノロウイルスの治療)

ジェネリック医薬品

似た効果の薬一覧

お薬検索の利用注意事項

  • 情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、その完全性を保障するものではありません。
  • 実際の治療は医師及び薬剤師とよく相談したうえで行ってください。
  • 薬を適正に使用したにも関わらず、健康被害が発生した場合は下記までお問い合わせください。
  • (独)医薬品医療機器総合機構 0120-149-931 (フリーダイヤル)

http://www.pmda.go.jp/relief-services/index.html