あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ウェーバークリスチャン病(全身性結節性脂肪組織炎、再発性熱性結節性非化膿性脂肪組織炎)

ウェーバークリスチャン病とは

皮下脂肪や内臓脂肪に炎症(脂肪組織炎)がおこり、痛みをともなうしこり(皮下結節)が手足やからだに多発します。発熱、倦怠感、関節痛などの全身症状をともない、いったん症状が治まっても再発を繰り返すのが特徴です。
原因は不明ですが、免疫の異常による自己免疫疾患のひとつであると考えられています。
病名には、1920年代にこの病気を報告した2人の医師の名前がつけられています。

症状と原因

発熱、倦怠感、関節痛などの全身症状のあと、淡紅色の発疹があらわれ、次第に弾力性のある硬いしこりになっていきます。

体験談

体験談を見るにあたって

非常にまれな病気のため、皮下結節があっても別の脂肪織炎(結節性紅斑など)である可能性の方が高いです。また悪性リンパ腫や膠原病でも似た症状があらわれることがありますが、いずれも検査で確認できます。
ウェーバー・クリスチャン病と診断された場合は、ステロイド内服薬による薬物療法が主な治療法です。効果が不十分な場合は、アザチオプリンやシクロスポリンなどの免疫抑制薬を併用します。
寛解と再発を繰り返すため、長期間にわたる治療が必要になることが多いです。

現在ウェーバークリスチャン病の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。