あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

下肢の静脈に拡張、怒張、蛇行がおこる病気です。足から心臓に血液を戻す静脈内の弁の機能不全などにより、血液が逆流することで下肢に血液のうっ滞が発生します。血液のうっ滞が静脈の形態異常を引きおこします。体の浅い部分にある静脈におこるため、ふくらはぎに蛇行した静脈が浮きでて見えることが特徴的です。
また、静脈の形態異常だけではなく血流の異常に関連したさまざまな症状や病態を引きおこします。

症状と原因

ふくらはぎから太ももにかけて、蛇行した静脈が浮きでて見えることで発見されます。自覚症状としては下肢のむくみ、倦怠感、重さ、熱感、むずむず感、かゆみなどがありますが、症状がないことも多くあります。

体験談

体験談を見るにあたって

局所的な血流異常による変化なため、全身性に悪化することは稀とされています。下肢静脈瘤の症状により日常生活に支障がある場合、あるいは合併症がある場合は治療の対象になります。また女性に発生することが多く、外見上目立ってしまうためスカートが履けない、外出を控えるといった影響もあり社会的な側面を考慮して治療することも必要です。
無症状の場合は放置しても、手遅れの状態になることもありません。治療が行われる場合、下肢静脈瘤がどの分類に当てはまるかで選択される治療が異なります。
側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤の場合、圧迫療法として伸縮性の強い包帯やストッキングを着用して下肢への血液のうっ滞を防止します。積極的に治療を希望する場合には、圧迫療法に加えて硬化療法が行われます。
伏在型静脈瘤の場合は、圧迫療法に加え、外科手術による治療も選択肢に加わります。外科手術により、異常のある静脈の血流を遮断し、摘出することで正常な血流へと誘導します。これらの治療により完治も見込めますが、再発も珍しくありません。
また、これらの治療後も圧迫療法や日常生活上での下肢への負担をさけるなどの配慮が治療効果を持続させるポイントになります。

更新日:2016年08月30日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす