あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮筋腫の症状と原因

症状 - どんな症状がでるか

潜伏期間と初期症状

筋腫の大きさにもよりますが、小さな筋腫の場合は特徴的な初期症状がなく、気づかないことが多いといわれます。

進行時の症状

筋腫のできる場所や大きさにもよりますが、月経時の出血量が増えること貧血や動悸、息切れを引きおこすことや月経痛がひどくなる、月経が長く続くなどの症状があらわれます。
筋腫が大きくなり周りの臓器や器官を圧迫するようになると、便秘や頻尿、尿が出にくい、お腹が張る、下腹痛、腰痛などの症状があらわれることもあります。また妊娠や出産へ影響することもあります。

疫学 - かかりやすさ、かかりやすい人

かかる割合(罹患率)

30歳以上の女性の20~30%、顕微鏡的なものを含めると約
75%にみられるとされています。
※日産婦誌61巻5号 2009年5月より

年齢によるリスクの上昇度合

30歳以上の女性に多くみられます。また初経前には発症せず、閉経後は縮小していきます。

原因や遺伝の影響 - 病気になる理由

因はいまだ確定していませんが、未分化な子宮平滑筋細胞が、胎児期の分化の過程でさまざまな影響を受け、筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、思春期から増えてくる性ステロイドホルモンに反応して子宮筋腫に成長していくと考えられています。初経が来る前には子宮筋腫はみられず、また閉経後には筋腫の発生はなく、すでにある筋腫も縮小します。このことから性ホルモンとの関連が密接しているといわれています。

分類 - 病気の種類や段階

筋腫のできる場所により以下の種類にわけられます。
■子宮内筋腫:子宮の筋肉の中で筋腫が大きくなっていきます。筋腫全体の70%程度を占める一番多い種類になります。筋腫が大きくなると子宮内膜を引き伸ばすため、月経痛や月経時の出血量が多くなっていきます。下腹部にしこりを触れることもあります。
■奨膜筋腫:子宮の外側に向かって大きくなっていきます。筋腫が大きくなるまで症状があらわれにくく、外から触れるぐらいの大きさになっても気付かないこともあります。
■粘膜下筋腫:子宮の内側に向かって発育します。発症するのが少ない種類ですが、筋腫が小さいときから月経時の出血量が多い、月経が長引くなどの症状があらわれやすくなります。内側にできるため外からは触れにくい状態になります。また胎児ができる子宮の内腔に筋腫ができるため、特に妊娠しづらくなります。
■多発性筋腫:上記の様々な種類の筋腫が多数できるもので、10~20個できることもあります。

検査 - 病気の特定方法

超音波検査(画像検査) 確定診断重症度の確認

超音波を当て、跳ね返ってくる反射波(エコー)によって、内部の断面を画像にします。超音波を出す道具(プロープ)を患部周辺に当て、モニターを見ながら医師が画像を確認します。お腹の上から超音波を当てる「経腹法」と、膣内にプロープを挿入し撮影する「経腟法」、子宮内に生食水を入れて経腟法を行う「ソノヒステログラフィー」があります。

MRI検査(核磁気共鳴検査、画像検査) 確定診断重症度の確認

電磁波、磁力をもちいてからだの断面図を約20~40分かけて撮影し、それらをもとに診断を行います。体への負担が比較的少ない検査ですが、ペースメーカーなど体内に金属を埋め込んでいる方、閉所恐怖症の方などは実施できない場合がありますので、前もって確認しておきましょう。

子宮鏡検査(画像検査) 確定診断重症度の確認

膣から子宮鏡という器具を挿入し子宮内部を観察します。診断に使われるヒステロファイバースコープという器具は直径約3センチ程度のもので挿入時に痛みはほとんどなく、出産経験のない人でも麻酔は必要なく行えるうえ、約10分程度で終わります。特に粘膜下筋腫の診断に有効といわれています。

子宮卵管造影検査(画像検査) 重症度の確認確定診断

子宮口から子宮内腔へカテーテルを挿入し、造影剤を注入します。造影剤が卵管から腹腔内に出てくるようすをエックス線透視で撮影し、子宮内腔の形態や機能、腫瘍などの診断を行います。検査時間は約10分程度ですが、人によっては強い痛みを感じることがあります。特に粘膜下筋腫の状態や卵管の通過状態を確認する場合に行うことがあります。

問診 状態の確認

月経の量や月経痛、貧血の状態、ホルモン治療や妊娠の有無、年齢など症状を医師が確認します。症状の種類を確認するための重要な診断になります。

内診 病気の有無

膣の中に指を挿入し、子宮の形状や大きさ、動き、癒着の有無、痛みなどを確認します。

子宮筋腫になった人の様子や痛みなどの自覚症状は?

20代前半から生理痛がひどく婦人科を受診していたときに右に3cmほどの筋腫があると医師から言われていて、妊娠目的のため筋腫があると影響するの...

(続きを読む)

20代前半から生理痛がひどく婦人科を受診していたときに右に3cmほどの筋腫があると医師から言われていて、妊娠目的のため筋腫があると影響するの...

(続きを読む)

会社の婦人検診で発覚。再検査かなりの大きさと言うことが分かり、手術する事に。痛みなどの自覚は無かったが、よく考えると、生理時の出血が異常に多...

(続きを読む)

予後 - 治療の経過と再発

治療後フォローと再発

子宮筋腫は複数個できることが多く、直接見てもわからないような小さな筋腫は手術で取り残すこともあり、取り残してしまった筋腫が再び大きくなってくる可能性もあります。

合併症と転移

子宮筋腫は良性で命にかかわるものではないため緊急の治療を要するものではありませんが、60~70%は多発性といわれ、複数種を合併し多発することが多いといわれています。筋腫が大きくなれば月経量が増加による貧血や動悸、月経痛、周りの臓器圧迫などの症状がよりおこりやすくなります。

子宮筋腫を経験した人からのアドバイス

初めのうちは筋腫の事をよく分かっておらず、すぐに身体には影響が無いという事で経過観察でそのままにしていたが、妊娠を望むか...

(続きを読む)

それまで婦人科に受診したことは1度もなかったので、今回貧血があったことで早い段階で筋腫を見つけることが出来て本当によかっ...

(続きを読む)

参照元:(子宮筋腫高木耕一郎誠文堂新光社2009年,産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2014日本産科婦人科学会日本産婦人科医会http://www.jsog.or.jp/activity/guideline.html(閲覧日:2015年7月29日),日本婦人科腫瘍学会https://jsgo.or.jp/public/kinshu.html(閲覧日:2015年7月29日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月29日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

治療ノートの編集方針

更新日:2017年09月07日

子宮筋腫の体験談

みんなの症状について

子宮筋腫についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす