あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮筋腫のホルモン療法(偽閉経療法)の体験談

子宮筋腫の「ホルモン療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮筋腫のホルモン療法(偽閉経療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
ディナゲストが私には合わなくて非常に辛かったです (40代女性)」や「生理を止めて少しでも子宮が小さくなれば、子宮鏡下手術でできるかもとしれないと聞いたので、開腹手術だと回復に時間がかかるので小さくなる事に期待をして決めました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-12件目を表示/全12件

ホルモン療法(偽閉経療法)とは

エストロゲンが卵巣で作られないと筋腫は縮小するため、GnRHアナログというホルモン剤を投与して、卵巣からのエストロゲンとプロゲステロンの分泌を抑制し、月経がおこらないようにします。
手術前の出血を減少させるため、筋腫核出術を行う前に投与することもあります。
鼻薬タイプと皮下注射タイプの2種類があります。

ホルモン療法(偽閉経療法)の詳細はこちら

更新日:2017年04月17日

ホルモン療法(偽閉経療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

子宮筋腫の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす