あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮筋腫の対症療法の体験談

子宮筋腫の「対症療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮筋腫の対症療法を経験された方の体験談を掲載しています。
2センチ程度の子宮筋腫で手術の必要性はなかったのですが、月経過多と貧血も辛かったので薬の服用を試みました。生理時のみ3日間の服用ですが数種類の薬は胃が重くなり便秘気味になりますが、貧血を何とか改善したく今も服用しております。 (40代女性)」や「筋腫が大きくなって、毎月の生理が異常になっていた場合は筋腫を取り除くことも考えましたが、今はまだ必要性がないと感じます。 無駄に手術をするより、経過観察で良いと判断しました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-22件目を表示/全22件

対症療法とは

痛みや月経量をやわらげるために行う治療法です。貧血の時は造血薬、月経量が多い時は止血薬、痛みをともなう時は鎮痛薬、体質を改善する時は漢方薬などを投与します。
子宮筋腫そのものを治す目的ではなく、症状を緩和するために行う治療法です。良性の腫瘍のため、場合によっては経過観察を行うこともあります。

対症療法の詳細はこちら

更新日:2016年03月04日

対症療法以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

子宮筋腫の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす