あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子宮筋腫の子宮鏡下手術(レゼクトスコープ術)の体験談

子宮筋腫の「子宮鏡下手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、子宮筋腫の子宮鏡下手術(レゼクトスコープ術)を経験された方の体験談を掲載しています。
将来子供が欲しいなら取るべきと医師に言われたから。筋腫が大きかったので、薬や腹腔鏡など他に選択肢がなかった。 (30代女性)」や「対処療法では効果がなく、ホルモン治療で筋腫を小さくして、最終的に手術となり、子供が欲しかったので、一番身体に負担の少ない方法で、将来経腟分娩出来る方法を医師と話し合い、子宮鏡下手術になりました。お腹に傷がつかないこと、数日の入院で済むことも決め手になりました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-10件目を表示/全10件

子宮鏡下手術(レゼクトスコープ術)とは

子宮用の細い内視鏡である「子宮鏡」を膣から挿入します。子宮鏡に内蔵されたカメラで様子を確認しながら、子宮鏡の先にある電気メスで子宮筋腫を切り取ります。
全身麻酔または下半身麻酔を施しますが、切開することはありません。

子宮鏡下手術(レゼクトスコープ術)の詳細はこちら

更新日:2017年03月17日

子宮筋腫の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす