あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ホルモン療法(偽閉経療法)子宮筋腫

概要

エストロゲンが卵巣で作られないと筋腫は縮小するため、GnRHアナログというホルモン剤を投与して、卵巣からのエストロゲンとプロゲステロンの分泌を抑制し、月経がおこらないようにします。
手術前の出血を減少させるため、筋腫核出術を行う前に投与することもあります。
鼻薬タイプと皮下注射タイプの2種類があります。

他の治療法に比べての優位性

子宮筋腫が縮小することで、不快な症状を緩和することができます。 閉経が近い方は、閉経時期を早めることができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

生理を止めて少しでも子宮が小さくなれば、子宮鏡下手術でできるかもとしれないと聞いたので、開腹手術だと回復に時間がかかるので小さくなる事に期待をして決めました。
低用量ピルは血栓症のリスクが高いものなどもありますが、今現在一番新しい体への負担が一番少ないものがルナベルでした。
手術の経験がなく、麻酔のアレルギーもあるので手術をするのは避けたいと思いました。子宮を全摘出することで出る副作用が怖かったこともあります

留意すべきこと

更年期障害や骨粗しょう症などの副作用があらわれることがあります。
骨粗しょう症を予防するために、4~6ヶ月間休薬します。
子宮内膜に接する「粘膜下筋腫」の場合は、子宮内膜に潰瘍を作り大量出血を引きおこす危険性があるため、この治療を行うことは難しいとされています。

実際に感じた効果

ホルモン治療をして一か月目で生理が止まりました。 3が月目には更年期の症状が出てきて辛かったですが、おなかを触ると子宮が小さくなってる様な気がしてきました。 現在は貧血もなく、出血量も減っているので順調だと思います。
子宮筋腫が1年でサイズはかわっていないので有効な治療なのだと思います。痛みで気を失って倒れるほどでしたが痛みが10から6くらいまで緩和しました。
確かに注射を打つと5か月後くらいから自分の目でもわかるほど、おなかがへっこんで筋腫の小さくなるのがわかります。しかし半年たつかたたないうちにまた下腹部が突然プーっとふくらみ、生理が始まり、注射。この繰り返しです。

副作用と対策

更年期様症状

女性ホルモンが減少し、ほてりや発汗、イライラ、肩こり、頭痛などの更年期障害のような症状があらわれることがあります。特に若い方に強くみられる傾向があるようです。

長時間の連続使用は骨をもろくするリスクがあるので、通常6か月までの使用としています。副作用をよく確認し検討したうえで治療を受けましょう。また筋腫核出術を予定している場合など、術前に筋腫を小さくする際に使用すると有効とされています。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

更年期様症状として、発汗とめまいがありました。 2回目の注射を打ってから、はっきりと症状が出て来た様に思います。 汗がだらだらと止まらなくなる感じです。めまいもたまに出ていました。発汗とめまいは、注射が終了して2ヶ月程で全く出なくなりました。 また、徐々に体重が増え、最終的に4キロ増となりました。今も落ちてません。
注射をしてから2ヶ月後ぐらいから、得体の知れないダルさ、肩、あたまの痛さ、ホットフラッシュ、いわゆる更年期障害が急に出て来ました。
黄体ホルモンが含まれた薬が始まるとすぐに胃もたれや吐き気、大人ニキビも出ました。体重も4kg増加した記憶があります。

費用

点鼻薬:5,000円程度 注射:10,000円程度

実際にかかった費用

入院:13万円(個室使用したので、差額ベッド代含みます)。 薬剤:ホルモン治療(リュープリン注射) 10000円(1ヶ月) 鉄剤注射は約1000~2000円/1回だったと思います。
入院:100,000円 薬剤:800円(1ヶ月分) ニュープリン注射 一回 1,0000 MRI 5,000円×2
低容量ピル毎月3,000円 MRI 10,000円 総合病院診察、血液検査 5,500円

一般的な所要時間

治療期間:1クール6ヶ月
治療回数:注射月1回

適用される患者

年齢的に閉経が近い方、副作用を納得したうえで受ける方、筋腫核出術の前に筋腫を小さくしたい方、貧血を改善したい方

以下の方は適応を避けましょう。
筋腫の数、大きさ、状態などや、薬物では治療ができない方

更新日:2017年03月15日

参照元:(子宮筋腫高木耕一郎誠文堂新光社2009年,産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2014日本産科婦人科学会日本産婦人科医会http://www.jsog.or.jp/activity/guideline.html(閲覧日:2015年7月29日),日本婦人科腫瘍学会https://jsgo.or.jp/public/kinshu.html(閲覧日:2015年7月29日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月29日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

ホルモン療法(偽閉経療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

ホルモン療法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす