あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

尿失禁

尿失禁とは

尿失禁とは、自分の意図とは関係なく尿が漏れてしまう病気のことをいいます。直接命に関わるものではありませんが、社会的、衛生的に問題が生じてしまうことがあります。病気の性質上、病院に行かずに我慢してしまう人が多いのも特徴です。

症状と原因

動いたときに尿が漏れてしまったり、急に尿意が襲ってくることがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

骨盤底筋体操などを行う理学療法や、生活指導や膀胱訓練などによる計画療法は、基本的にはどのタイプの尿失禁においても行うものとされています。これらを行った上で、さらに症状に応じて薬物療法が行われます。尿失禁の治療薬には主に抗コリン剤、α1遮断薬、β3刺激薬があります。また、切迫性尿失禁の治療には、電気刺激療法が行われる場合があります。
これらの治療法で効果があまりみられない場合や、症状が重いと判断された場合には、外科的な治療法として、TVT手術やTOT手術、TVM手術と名付けられた治療法が選択されることもあります。

更新日:2017年06月13日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす