あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)の体験談

うつ病についての見識もなく、処方された薬についても良く分かりませんが、それでうつ病が良くなるのであれば良いと考えていました。

患者との関係:本人患者:40代男性治療時期:2005年4月
SNRIデプロメール25mg錠

うつ病とは

さまざまな要因によって脳のエネルギーが低下し、脳の機能がうまく働かない状態になり、症状がおこると考えられています。
うつ病は双極性障害との鑑別が難しいとされています。また、他にも要因となっている身体的な疾患や併発している疾患がないかなど、さまざまな検査が行われ診断されます。
気分の落ち込みや意欲の喪失などの症状が繰り返しおこることが特徴とされています。
"新型うつ"や"現代型うつ病"といった言葉がありますが、これらは専門家の使用する診断基準にはないため、定義などもないとされています。

うつ病の症状

満足度

治療が効いているのかどうか、正直分かりません。先生のアドバイスで職場環境に問題があるかもしれないとのことで、会社へ相談した結果、別の部署へ異動出来たことも、大きな影響があったのだと思っています。

副作用

治療履歴

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ副作用は比較的少ないといわれています。と呼ばれ副作用は比較的少ないといわれてる、デプロメール25mgを処方して頂きました。2週間に1回の通院が良いと言われ、薬を処方してもらう傍ら、最近の状況の確認を受ける形でした。
又、会社へは病気について正直に話し、部署異動を願いでました。

病気と症状について

仕事に当たっていても、上手く出来ているのか不安感が強くなり、自分自身への自信が全くなくなりました。被害妄想的な感情も強くなり、家族へ暴言を吐いたり、逆に内にこもるような感じになりました。
そんな自分を見て、妻が精神科などのクリニックへの受診を薦めたことから、隣駅にあるクリニックを受診することにしました。
問診票では、多くの質問項目に答えなければなりませんでしたが、その内容と実際に先生と口頭での問診によって、大鬱病と診断されたのです。
投薬による治療と同時に、原因と考えられる仕事の環境を変えてみたらどうかとのアドバイスも頂きました。

参考:うつ病にかかった他の人の症状は...?

新しい仕事の研修期間中、新規支店立ち上げを一人でまかされるよ...

(続きを読む)

うつ病と診断される前や病院に通院する前からその予兆はありまし...

(続きを読む)

うつ病にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

うつ病についての見識もなく、処方された薬についても良く分かりませんが、それでうつ病が良くなるのであれば良いと考えていました。

参考:他の人がSNRIを選んだ理由は...?

選んだという訳ではありませんでしたが、先生と話をしていること...

(続きを読む)

医師が、くすりの説明をきちんとしてくれて、副作用の少ない薬と...

(続きを読む)

他の人がSNRIを選んだ理由をもっと読む

SNRIとは

SNRIは、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの不足を補うため、これらを増やし、気分を高揚させ、不安や気力の減退の解消を目指す治療法です。
セロトニンやノルアドレナリンは情報伝達の働きを1度終えると神経細胞に取り込まれ、その働きはなくなります。三環系抗うつ薬は一仕事終えた、これらの神経細胞が取り込まれてしまうことを防ぐ働きがあります。
また、下行性痛覚抑制系の働きを活性させる作用をもっているため、神経系の痛みを感じにくくすることができます。

この薬は、うつ病の治療法の中ではSSRIと並び、第一選択とされています。
三環系抗うつ薬と同様にセロトニンやノルアドレナリンへ作用します。抗うつとしての効果は三環系抗うつ薬に少し劣りますが、副作用は少なく、安全性が高いとされています。
また、他の抗うつ薬と比べ、効果があらわれるまでがはやいとされています。

比較的新しい薬なため、信頼性がありあますが、1部年齢によって効果がみられない場合もあります。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

「SNRI」の概要

SNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる、デプロメール25mg錠を2週間に1度、処方して頂いて服用を続けることを、5ヶ月間ほど繰り返し続けていました。
薬の成分が効いているのか、薬を飲んでいるということで気持ちが落ち着いているのか、正直分かりませんでしたが、精神的には安定していったと思います。
又、大きく改善した要因の一つに、先生からアドバイスを受けた会社内での部署異動が叶ったことが、大きく影響したと思います。

参考:他の人が感じたSNRIの効果は...?

一人で抱え込んで自分を責めてしまうタイプの人にうつ病にかかる...

(続きを読む)

診察中に医師が話を聞いてくれることです。...

(続きを読む)

他の人が感じたSNRIの効果をもっと読む

治療期間

治療期間は、半年間でした。自分でもう大丈夫だろうと、診察を打ち切った形です。

治療に関する費用

毎回の通院で、処方される薬代含めて3,000円前後だったと記憶しています。月に6~7,000円程だったと思います。記憶違いだったらすみません。

副作用について

副作用だと感じるものは、全くありませんでした。

参考:他の人が感じたSNRIの副作用は...?

眠くなったりすることはありましたが特に体に負担がかかるような...

(続きを読む)

気になるような事はありません。...

(続きを読む)

他の人が感じたSNRIの副作用をもっと読む

うつ病を患っている方へのアドバイス

うつ病はレベルの強弱が大きいので、一概に言えるものではありませんが、現在の環境に原因があるのであれば、それを変化させるのも治療には効果があると思います。但し、先生も言っていましたが、「転職」となるとそれに至るまでのプレッシャーも大きく、また変化も大きなものになってしまう為、おすすめ出来ないとの事です。
投薬治療と並行して、もしも自身が置かれている環境に原因と思われるものがあるのであれば、その環境を可能な範囲で変えてみるのも良いと思います。

参考:うつ病を経験した他の人のアドバイスは...?

うつ病は死にたくなる病気で、自責の念がかなりでて、肉体的症...

(続きを読む)

最初は精神科に通っていると言う事が嫌でした、何か人と違うみた...

(続きを読む)

うつ病を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月07日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

うつ病の体験談をもっとさがす

SNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす