あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)の体験談

抗うつ薬についてや治療への医師からの説明はないが、他の病での服薬も多いので。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:1997年

うつ病とは

さまざまな要因によって脳のエネルギーが低下し、脳の機能がうまく働かない状態になり、症状がおこると考えられています。
うつ病は双極性障害との鑑別が難しいとされています。また、他にも要因となっている身体的な疾患や併発している疾患がないかなど、さまざまな検査が行われ診断されます。
気分の落ち込みや意欲の喪失などの症状が繰り返しおこることが特徴とされています。
"新型うつ"や"現代型うつ病"といった言葉がありますが、これらは専門家の使用する診断基準にはないため、定義などもないとされています。

うつ病の症状

満足度

20年以上服薬してるにも関わらず回復がない。

副作用

治療履歴

病気と症状について

気分の落ち込み、イライラ、怒りやすい、引きこもり、食欲減退、意欲減退、自分の身の回りの事ができない、生活習慣の乱れ、眠れない

参考:うつ病にかかった他の人の症状は...?

震災の計画停電の関係で仕事が夜勤になり昼夜逆転の生活が数日続...

(続きを読む)

まずは入眠困難、早朝覚醒などの睡眠障害が起こるようになり、次...

(続きを読む)

うつ病にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ三環系抗うつ薬(TCA)を選んだか

抗うつ薬についてや治療への医師からの説明はないが、他の病での服薬も多いので。

参考:他の人が三環系抗うつ薬を選んだ理由は...?

どの治療も体への負担も精神的負担も重いことに変わりはありませ...

(続きを読む)

他の病気で多くの薬を飲んでいるので、これ以上薬を増やしたく無...

(続きを読む)

他の人が三環系抗うつ薬を選んだ理由をもっと読む

三環系抗うつ薬とは

三環系抗うつ薬は、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの不足を補うため、これらを増やし、気分を高揚させ、不安や気力の減退の解消を目指す抗うつの治療法です。
セロトニンやノルアドレナリンは情報伝達の働きを1度終えると神経細胞に取り込まれ、その働きはなくなります。三環系抗うつ薬は一仕事終えた、これらの神経細胞が取り込まれてしまうことを防ぐ働きがあります。
また、1部の薬ではドパミンの再取り込みに作用するものがあり、この働きによって幻覚や妄想を抑える働きが期待されます。

この薬は、第一選択の治療法であるSSRIやSNRIでは効果がみられない場合に使用されます。
抗うつ薬として、もっとも古いタイプの薬のため副作用も多く、注意する必要がありますが、効果が強いなど、さまざまなメリットがあるため使用されています。
比較的即効性のものもありますが、ほとんどのものは効きはじめが遅く、効果があらわれるまでに1~2週間、長くて4週間かかる場合があり、副作用が先行してあらわれる場合が多くあります。
からだに合わせた治療法を選択するため、副作用に対して過剰に反応してしまう必要はありませんが、副作用の中には重篤な疾患の引き金となってしまうものもあるため、きちんと医師と相談し、薬の使用や変更を決定しましょう。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

「三環系抗うつ薬」の概要

三環系抗うつ薬(TCA)の効果について

発症当初と変わりなし

参考:他の人が感じた三環系抗うつ薬の効果は...?

退院してからも、完治したわけではなく、今までも一人には出来ま...

(続きを読む)

時には、辛く何もしたく無い日も有りますが 処方されてから徐...

(続きを読む)

他の人が感じた三環系抗うつ薬の効果をもっと読む

治療に関する費用

不明

副作用について

副作用はなし。
気づいていないだけかも。

参考:他の人が感じた三環系抗うつ薬の副作用は...?

1週間後くらいに、異常な怒りや、不安感が増していました。...

(続きを読む)

特別な副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた三環系抗うつ薬の副作用をもっと読む

うつ病を患っている方へのアドバイス

一人で居るとささいなことさえできない。色んなことが面倒

参考:うつ病を経験した他の人のアドバイスは...?

うつ病になって改めて人と接する事の難しさを痛感しました。 通...

(続きを読む)

向精神薬や抗うつ剤の使用は、できることなら避けて通りたいとい...

(続きを読む)

うつ病を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年03月15日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

うつ病の体験談をもっとさがす

三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす