あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)

概要

NaSSAは、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンの増強や、ノルアドレナリンの放出を抑制している働きを抑えることで、気分を高揚、不安や気力の減退の解消を目指す治療法です。
NaSSAの作用は大きく下記の2つに分かれ、それぞれが作用することで治療の効果を得ます。
セロトニンが働きかけるセロトニン受容体は3つにわかれています。そのうち1つは抗うつの働きをもつため、それ以外のセロトニン受容体を阻害することでセロトニンの作用を限定させ、不安や気力の減退の解消など抗うつの作用を狙います。
ノルアドレナリンはα受容体という構造へ作用することで、意欲や活力などを脳へ働きかけます。このα受容体はα1とα2の2つにわかれ、α1は意欲や活力の作用を持ちますが、α2はノルアドレナリンの放出を抑制する働きをもちます。このα2の働きを抑えることで、ノルアドレナリンを放出させ気分の高揚を狙います。

一方で、H1受容体を遮断するため、不眠の改善がみられますが、強い眠気や食欲の促進などがおこります。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

他の治療法に比べての優位性

比較的新しい薬なため、副作用が少ないとされています。 また、他の抗うつ薬と比べ効果があらわれるまでがはやく抗うつの作用もSSRIやSNRIと比べ強いとされています。 他の抗うつの薬とは働きが異なるため、併用しやすいとされています。 鎮静作用があるため、不眠の症状が強い場合に使用されます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

他の抗うつ剤は効果が出るのに2週間以上かかりますが、リフレックスは3日で効果が出たためです。 また不眠の症状もあり、リフレックスの副作用に強い眠気があるため、副作用を利用して症状に対処するというところも他の薬とは違った作用機序があり印象深い薬です。
とにかく、自分自身では何の判断もできなかった状態だったので、主治医の先生の言われる通り、早く効く治療法を選びました。
私自身の症状や体質に合っていたのか、レクサプロよりも効果が感じられたためです。特に不眠に対してはよく効いたように思います。 また、当時新婚だったため、妊娠・出産への影響が比較的少ないという医師の説明により安心できたこともあります。 ただ、同時期に決定的に仕事ができなくなり(パソコンの画面を見ても内容が全く頭に入ってこなくなった、職場で涙が出てきて止まらなくなった)退職することにしたため、ストレスが大きく軽減したことも体調が改善した理由ではないかと思います。

留意すべきこと

比較的新しい薬ですが、使用の際にいくつか注意が必要になります。
薬を使用した場合、事故の確立が高まるとされています。そのため、車などの運転は控える必要があります。
他にも、アルコールや薬との飲み合わせに注意する必要があります。服用している薬がある場合は、必ず医師に相談しましょう。

※過剰に反応してしまうことはありませんが、使用する際に下記の点について十分な注意が必要です。

使用開始早期や使用量の変更の際に、無意識のうちに死にたいと思ってしまうような場合や、実際に自殺しようと計画、行動をとってしてしまうことがあるため、注意が必要になります。
また、症状として不安、いらだち、敵意、攻撃性などの症状がみられた方にも同様の行為がみられる場合や、他害行為がみられることがあるため、観察が必要になります。
そのなかでも24歳以下の方に使用する場合では、リスクとメリットの考慮や、50歳以上の方では骨折のリスクが高まることがあるため、からだに合わせて使用する必要があります。
■1部の薬では、18歳未満の方への適応を慎重に判断する必要があります。

実際に感じた効果

治療を4月から開始して、そこから中々治らなかった中、クスリもレメロンに変えたところ次第に良くなり、7月に入りだいぶ良くなった。
ストレスの原因だった仕事を休職して、薬を飲みながら治療していって、半年くらいで徐々に症状が改善されて、仕事に復帰することができました。その後もしばらく薬物治療を続け、現在は薬なしで元気に過ごせています。
まず効果が出るのが早いため、自分に合っている薬なのかがすぐに分かります。副作用もだんだん落ち着いていきます。セロトニンが増えるため、夜になるとメラトニンが分泌され、自然と眠くなりました。

副作用と対策

眠気

強い眠気がおこります。

就寝前に薬を服用するようにしましょう。薬の減量や増量などを自己判断で行わないようにし、症状がつらい場合は医師に相談しましょう。

体重増加、口渇、便秘

体重の増加や口の渇き、便秘などがおこる場合があります。

食事のバランスに気を付け、水分を口に含む、うがいをする、水分をこまめに摂るなどをしましょう。症状が悪化する場合は医師と相談をしましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

飲み始めて3カ月ほどしてから吐き気が収まったがそれと同時に太り始め15キロほど太ってしまった。
服用中は大きな問題を感じなかったのですが、薬を止めるときに、離脱症状がありました。 徐々に服用量を減らし、1ヶ月くらいかけて準備していったのですが、全く飲まなくなって2~3日後から3日間くらい、めまいとふらつきを感じました。 急にめまいが襲ってくるので、その数日間はなるべく座っているように気を付けていました。

費用

※現在調査中です

一般的な所要時間

症状に合わせ、症状の寛解がみられるまで行なわれます。

適用される患者

うつ病、うつ状態の方
妊娠中の方、授乳中の方は事前に医師に相談しましょう。

パーキンソン症候群の治療薬であるMAO阻害薬の投与中、または投与中止後2週間以内の方は適応となりません。

更新日:2015年11月19日

参照元:(知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html(閲覧日:2015年11月11日),日本うつ病学会治療ガイドラインII.大うつ病性障害2012Ver.1日本うつ病学会http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf(閲覧日:H27.11.11),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす