あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

SNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)

概要

SNRIは、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの不足を補うため、これらを増やし、気分を高揚させ、不安や気力の減退の解消を目指す治療法です。
セロトニンノルアドレナリンは情報伝達の働きを1度終えると神経細胞に取り込まれ、その働きはなくなります。三環系抗うつ薬は一仕事終えた、これらの神経細胞が取り込まれてしまうことを防ぐ働きがあります。
また、下行性痛覚抑制系の働きを活性させる作用をもっているため、神経系の痛みを感じにくくすることができます。

この薬は、うつ病の治療法の中ではSSRIと並び、第一選択とされています。
三環系抗うつ薬と同様にセロトニンノルアドレナリンへ作用します。抗うつとしての効果は三環系抗うつ薬に少し劣りますが、副作用は少なく、安全性が高いとされています。
また、他の抗うつ薬と比べ、効果があらわれるまでがはやいとされています。

比較的新しい薬なため、信頼性がありあますが、1部年齢によって効果がみられない場合もあります。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

他の治療法に比べての優位性

比較的新しい薬なため、副作用が少ないとされています。 また、他の抗うつ薬と比べ効果があらわれるまでがはやいとされています。また、1部の薬は飲み合わせの悪い薬が少ないため、併用しやすいとされています。 気力の向上がおこなえるため、うつ病の合併症になりやすい不安障害にも効果が確認されている薬です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

医師から吐き気などの副作用がある場合もあると聞かされていたが初めて飲んだ薬だが副作用もなくほかの薬と合わせて飲むことができたため印象に残っている。
パキシルは減らすときしんどいという話を聞いたので、できれば別の薬にしたい、と担当医に伝えたら、それならいい薬が出たからそれにしましょう、ということで、サインバルタを処方されました。 新しい薬だったらしく、ジェネリックはないということだったので、生活保護の私はちょっと不安でしたが、ケースワーカーからも何も言われることなく、サインバルタを飲めています。
落ち着かなくなってしまったり、何もしたくなくなるなど停滞してしまった状態だったのが薬を調節、調整してもらっているうちに仕事中に落ち着いて行動できたり、やる気が失せるのがなくなったように思う。 最初はどの薬かはわからないけど立ちくらみがしたり、眠気も誘ったけど、慣れてしまえばあとは問題なく続けられた。ただやっぱり高い薬で、最近ジェネリックが出たことで、あとは国の自立支援もあって多少かからないで済んだところが救いだった。

留意すべきこと

比較的新しい薬ですが、使用の際にいくつか注意が必要になります。
薬を使用した場合、事故の確立が高まるとされています。そのため、車などの運転は控える必要があります。
他にも、アルコールや薬との飲み合わせに注意する必要があります。服用している薬がある場合は、必ず医師に相談しましょう。
SNRIの中には、三環系抗うつ薬との飲み合わせによって薬の効果を高めすぎてしまうものがあるため、きちんと医師と相談し薬を決定しましょう。
また、薬によって服用方法が異なります。
砕いたり噛んだりせずにそのまま飲み込むものや、空腹時では吐気を催すため、必ず食後に服用するものがあります。

※過剰に反応してしまうことはありませんが、使用する際に下記の点について十分な注意が必要です。

使用開始早期や使用量の変更の際に、無意識のうちに死にたいと思ってしまうような場合や、実際に自殺しようと計画、行動をとってしてしまうことがあるため、注意が必要になります。
また、症状として不安、いらだち、敵意、攻撃性などの症状がみられた方にも同様の行為がみられる場合や、他害行為がみられることがあるため、観察が必要になります。
そのなかでも24歳以下の方に使用する場合では、リスクとメリットの考慮や、50歳以上の方では骨折のリスクが高まることがあるため、からだに合わせて使用する必要があります。
■1部の薬では、18歳未満の方への適応を慎重に判断する必要があります。

上記のほかに、血圧の上昇がみられるため注意しましょう。

また、薬によって心拍数の増加がみられるものや、頻脈や尿閉がみられる場合もあるため注意しましょう。

実際に感じた効果

治療は血圧測定と医師との問診です。基本的には医師が項目ごとに質問していきそれに答え、前回の診察とどれくらいの変化があったかを見るものです。
薬を変えたことは本当によかったと思います。吐き気も頭痛も相変わらずありますが、パキシルのときのような浮き沈みの激しさはなくなったように感じます。これは時間が経ってよくなってきたということかもしれませんが。
治療開始当時は少し小難しい職場についていたため、一般的に言われているジプレキサの効果は感じられなかった。 しかしその職場を辞めて環境を変え安心したのもあったのか、時として失敗したり、罵声を上げる人の前で血の気が引く思いもしたが、次の職場では落ち着いて行動できるようになった。 また、体調の浮き沈みによって分量を調節してくれたことによって、やる気が失せたり、死にたい、という感情がだんだん少なくなった。

副作用と対策

セロトニン症候群

脳内セロトニン活性が過剰に働くことにより自律神経が乱れ、体温の上昇、頻脈、異常発汗、心拍の増加などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は自身の判断ではなく医師に相談しましょう。投薬の減量や中止を行うことで症状が治まることがあります。

抗うつ薬中断症候群

使用中の抗うつ薬の使用を突然止めることにより、発汗、悪夢、めまい、電撃の感覚、不眠などの症状があらわれる場合があります。

薬の使用を再開することで症状がやわらぎます。医師の指示のもと、計画的に投薬治療おこなうことで、抗うつ薬中断症候群はさけることができます。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

これのせいか、体重が下がらなくて仕方がない。その上、便秘がひどく1週間、あわよくば10日ぐらいでないこともあった。さすがに辛くて便秘薬や防風通聖散など処方してもらったが現在、それでも出にくいことは確か。お陰で肌荒れも目立ち始めてる。
飲み始めてすぐ、吐き気とめまいに襲われました。 1週間ほどで副作用の症状は少なくなりました。
精神科の薬に偏見があり、強かったのでとにかく副作用が少ない薬がいいですと先生にお願いしていました。 そのため、慎重に薬を選んでくれ、多量の薬を出されることもなかったので特に副作用を感じることがなかったです。 むしろ、薬を飲む前の方が物忘れや注意が散漫になることが多かったです。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

市の補助で無料。ただ、病院を転院しているので、病院によっては、体へのアプローチのための漢方薬は3割負担。1か月1000円以内だったと思います。
毎回の通院で、処方される薬代含めて3,000円前後だったと記憶しています。月に6~7,000円程だったと思います。記憶違いだったらすみません。
自立支援医療(精神通院)を受けているので、1か月で診察費500円・薬代・2000円程度です。

一般的な所要時間

症状に合わせ、症状の寛解がみられるまで行なわれます。

適用される患者

うつ病、うつ状態の方
授乳中の方は事前に医師に相談しましょう。
1部の薬では高齢の方に使用する場合に注意が必要な場合があります。

パーキンソン症候群の治療薬であるMAO阻害薬の投与中、または投与中止後2週間以内の方は適応となりません。
※1部の薬では、高度の肝、腎障害をもつ方、コントロール不良な閉塞隅緑内障の方や、尿閉(前立腺疾患など)の方は適応となりません。

更新日:2016年10月26日

参照元:(知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html(閲覧日:2015年11月11日),日本うつ病学会治療ガイドラインII.大うつ病性障害2012Ver.1日本うつ病学会http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf(閲覧日:H27.11.11),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

SNRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす