あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)

概要

SSRIは、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンの不足を補うため、セロトニンを増やし、気分を高揚させ、不安や気力の減退の解消を目指す抗うつの治療法です。
セロトニンは情報伝達の働きを1度終えると神経細胞に取り込まれ、その働きはなくなります。SSRIは一仕事終えた、セロトニンの神経細胞が取り込まれてしまうことを防ぐ働きがあります。

この薬は、うつ病の治療法の中ではSNRIと並び、第一選択とされています。
三環系抗うつ薬と比べると、抗うつとしての効果はやや劣りますが、薬によって作用の強さに差がみられます。副作用は少ないとされていますが、効果があらわれるまでに1~2週間から、十分な効果を得るまでにはさらに時間が必要となる場合があります。

比較的新しい薬なため、信頼性がありあますが、年齢によって効果がみられない場合もあります。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

他の治療法に比べての優位性

比較的新しい薬なため、副作用が少ないとされています。 また、薬の持続時間が長いものや、抗不安作用があり抗うつ効果がつよいもの、他の薬との相互作用が少なく、使用しやすいものなどさまざまあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

他のお薬よりも服薬から効果が出るまでとても早かったのと、私にはよく効いたので印象的でした。
頓服薬として処方されておりますが、不安時に飲むと穏やかに落ち着いてくるのでとても安心して飲むことができたからです。
薬で気持ちを楽にするという経験がはじめてなので印象的だった。 幸い副作用がほとんど出なかったため、継続して治療することを決めた。

留意すべきこと

比較的新しい薬ですが、使用の際にいくつか注意が必要になります。
薬を使用した場合、事故の確立が高まるとされています。そのため、車などの運転は控える必要があるほか、十分注意して運転する必要があります。
他にも、アルコールや薬との飲み合わせに注意する必要があります。服用している薬がある場合は、必ず医師に相談しましょう。
また、薬の自己判断での中止や減量は本来行うべきではありませんが、SSRIの中には急な減量や中止によって、めまい、不安、いらだち、吐気などの離脱症状がおこる場合があります。これらを防ぐためにも、自己判断での薬の中止や減量、飲み忘れに注意しましょう。

※過剰に反応してしまうことはありませんが、使用する際に下記の点について十分な注意が必要です。

使用開始早期や使用量の変更の際に、無意識のうちに死にたいと思ってしまうような場合や、実際に自殺しようと計画、行動をとってしてしまうことがあるため、注意が必要になります。
また、症状として不安、いらだち、敵意、攻撃性などの症状がみられた方にも同様の行為がみられる場合や、他害行為がみられることがあるため、観察が必要になります。
そのなかでも24歳以下の方に使用する場合では、リスクとメリットの考慮や、50歳以上の方では骨折のリスクが高まることがあるため、からだに合わせて使用する必要があります。
■薬によって、12歳未満の方は適応を慎重に検討する必要があるものや、18歳未満の方への有効性が確認できず、自殺のリスクが高まってしまうもの、同じく18歳未満の方の適応を慎重に判断する必要があるものなど、年齢によっての差があるため、注意しましょう。

そのほかに、副作用などがあらわれていないか定期的に心電図検査が必要となる場合があります。

実際に感じた効果

受診して服薬することによって一番辛かった時期は乗り越えることが出来ました。現在は、通院していませんが特に症状は出ていません。
レキソタン錠が処方されたのは結構最近なのですが(あまり10年ほど前の事は覚えていませんが、過去にも処方された気はします)現状頓服薬として処方されており、不安時に服薬するようにとのことでした。社会生活、ストレスでの不安から、毎日3~4錠は飲んでいましたし、現在も家にいるだけでも苦しくて不安なときは15~30分ほどの間隔で服用してしまいます。頓服ですので、その時はとても穏やかになれるのですが、薬が切れてストレスを感じるとまだ手放せない状態です。
薬を飲みはじめてから少しずつ気分の浮き沈みが落ち着いていき、ずっと気分が沈んだままでいる日が以前より少なくなった。 「ちゃんと薬を飲めば大丈夫」という自己暗示がかかっていたのも大きいと思います。

副作用と対策

セロトニン症候群

非常に稀な副作用とされますが、脳内セロトニン活性が過剰に働くことにより自律神経が乱れ、体温の上昇、頻脈、異常発汗、心拍の増加などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は自身の判断ではなく医師に相談しましょう。投薬の減量や中止を行うことで症状が治まることがあります。

抗うつ薬中断症候群

使用中の抗うつ薬の使用を突然止めることにより、発汗、悪夢、めまい、電撃の感覚、不眠などの症状があらわれる場合があります。

薬の使用を再開することで症状がやわらぎます。医師の指示のもと、計画的に投薬治療おこなうことで、抗うつ薬中断症候群はさけることができます。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

レメロンというお薬を断薬したら、1~2日後に離脱症状がでました。悪夢と幻聴です。寝ていたはずなのに起きたらひどい動悸と吐き気、人としゃべることすらままならぬ状態でした。睡眠がきちんんととれた気もしませんでした。
飲みはじめて数日後から、昼間に眠気がくるようになった。作業が出来ないほど強いものではなかったので気にはならなかった。薬との相性がよかったのかもしれない
薬により、1週間程度で段々と異変に気づくようになったりしました。わたしの場合は手の震えが主でした。緊張するようなシチュエーションでは特に悪化の一手を辿る一方でした。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

ゾーミッグです。当時通院していた病院では『うつ病』と『偏頭痛』の関連はないと言われたので『頭痛外来』を受診しました。薬価が高くてビックリしました。 『うつ病』から来るものだからと精神科で診てもらいなさいと言う頭痛外来の医師とどっちが正しいの?と混乱しました。 精神科の医師を害してしまい、転院しました。
薬剤はたくさんかかった時は月5千円くらいです。あと診察料とか、通院にかかる交通費とか。結構出費でした。でも、自分の中ではサプリメントではどうにもならないくらいつらかったですし、結局、内科や他に体の不調がでては寝込むので、医療費は年間10万円超えることもありました。検査とかにお金がかかりました。
自立支援を使っていたので500円くらいを月2回。(診察) 自立支援を使い1200円くらいを月2回。(調剤薬局で院外で薬剤) カウンセリングは1時間6000円くらいを3回くらいだけ。 自殺未遂で精神科に入院3か月自費で100万円。(そのクリニックじゃなく医師からの紹介で遠い病院)

一般的な所要時間

症状に合わせ、症状の寛解がみられるまで行なわれます。

適用される患者

うつ病、うつ状態
授乳中の方は事前に医師に相談しましょう。

パーキンソン症候群の治療薬であるMAO阻害薬の投与中、または投与中止後2週間以内の方は適応となりません。
※1部の薬ではQT延長症候群の方、ピモジド(抗精神病薬)を服用している方、チザニジン(筋弛緩薬)を服用している方、ラメルテオン(睡眠導入剤)を服用している方は適応となりません。
また、妊娠中の方への使用はメリットが上回った場合のみとなる場合や使用の際に十分な判断が必要なことがあります。

更新日:2016年10月26日

参照元:(知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html(閲覧日:2015年11月11日),日本うつ病学会治療ガイドラインII.大うつ病性障害2012Ver.1日本うつ病学会http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf(閲覧日:H27.11.11),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす