あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

三環系抗うつ薬(TCA)うつ病(大うつ病性障害、単極性うつ病)

概要

三環系抗うつ薬は、原因のひとつと考えられている脳内の伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの不足を補うため、これらを増やし、気分を高揚させ、不安や気力の減退の解消を目指す抗うつの治療法です。
セロトニンノルアドレナリンは情報伝達の働きを1度終えると神経細胞に取り込まれ、その働きはなくなります。三環系抗うつ薬は一仕事終えた、これらの神経細胞が取り込まれてしまうことを防ぐ働きがあります。
また、1部の薬ではドパミンの再取り込みに作用するものがあり、この働きによって幻覚や妄想を抑える働きが期待されます。

この薬は、第一選択の治療法であるSSRIやSNRIでは効果がみられない場合に使用されます。
抗うつ薬として、もっとも古いタイプの薬のため副作用も多く、注意する必要がありますが、効果が強いなど、さまざまなメリットがあるため使用されています。
比較的即効性のものもありますが、ほとんどのものは効きはじめが遅く、効果があらわれるまでに1~2週間、長くて4週間かかる場合があり、副作用が先行してあらわれる場合が多くあります。
からだに合わせた治療法を選択するため、副作用に対して過剰に反応してしまう必要はありませんが、副作用の中には重篤な疾患の引き金となってしまうものもあるため、きちんと医師と相談し、薬の使用や変更を決定しましょう。

薬の変更には時間が必要になるほか、効果の有無を確かめる期間も必要なため、すぐには変更できないことが多くあります。
また、単剤のみの使用になる場合は少なく、抗不安剤や催眠鎮静剤など他の薬が併用して処方されます。

他の治療法に比べての優位性

効果が強く、また、種類も多いため、からだに合わせた薬を使用することができます。 比較的即効性のものや、おだやかに作用し副作用も少ないもの、妄想やイライラ、パニック発作の抑制が強いなど特定の症状へ効果がみられるものなどがあります。 また、授乳中の場合でも比較的安全とされているものもあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

副作用もなく即効性もあり数も調節出来るので一番不安時に有効的です。 デパスは薬自体が甘いので水がないところでも飲めると言うのも私にとってはかなり良いです。 ただ、出せる量の限度、1日6錠を処方して貰っていますが早いと朝の時点で全て飲んでしまうので補助でソラナックスを頓服扱いで出してもらい併用という形を継続してますが日常生活をスムーズに送るのには一番効果的で今も継続しています。
とにかく寝られない状態がたまらなく辛い状態でしたので、疲れていても全然眠気がこないので 精神状態がおかしくなってしまって、とにかく眠りたかったです。
止めると寝ていられないぐらい気持ち悪くなるのですが、飲むと体重、脂肪が勝手に増えていって脂肪肝、糖尿になったら処方を止める。という副作用がひどいので。

留意すべきこと

古い薬のため、副作用が多く、使用の際にいくつかの注意が必要となります。
薬を使用した場合、事故の確立が高まるとされています。そのため、車などの運転は控える必要があります。
また、チーズとの食べ合わせや、アルコールや薬との飲み合わせに注意する必要があります。服用している薬がある場合は、必ず医師に相談しましょう。

※過剰に反応してしまうことはありませんが、使用する際に下記の点について十分な注意が必要です。

一部の薬では、使用開始早期や使用量の変更の際に、無意識のうちに死にたいと思ってしまうような場合や、実際に自殺しようと計画、行動をとってしてしまうことがあるため、注意が必要になります。
また、症状として不安、いらだち、敵意、攻撃性などの症状がみられた方にも同様の行為がみられる場合や、他害行為がみられることがあるため、観察が必要になります。
そのなかでも、24歳以下の方に使用する場合では、リスクとメリットの考慮や、50歳以上の方では骨折のリスクが高まることがあるため、からだに合わせて使用する必要があります。

そのほかに、副作用などがあらわれていないか定期的に心電図検査が必要となる場合があります。

薬によって変化はありますが、こうしたことを踏まえ、1回分の処方日数などは最低限になります。

実際に感じた効果

薬物治療は効果はすぐに出ませんし時間がかかりますが、少しづつですが、安定していきました。感情の沈みが少しづつ改善していったように思います。
今もうつ病は治っていませんし通院もしていますが薬の補助があってですがある程度の人並みの生活も送れるようになりましたし長い目で見て向き合って行こうと思っています。 唯一治った部分は初期の頃酷かった自傷行為や自殺未遂などは全て解離性障害の時に起こっており自分では記憶が全くない時に包丁で手首を滅多刺しにしたり行動的なものだとビルから飛び降りたりよく入院していたのですがここ数年はそれがなくなりました。 医療保護入院もしていた程、頻繁でしたのでその症状が出なくなっただけでも以前より自身の負担がなくなりました。
うつ病だけではなく、最初はパニック障害もありましたし、 環境が変わって、今は実家にいるのですが年々親の病気に対する接しかたが ただの怠け者やと認めてもらえず、酷い言動もずっと続いているので、対人恐怖になってしまって コンビニ行くのも辛くなってしまったり、なにかとストレスがたまり尿失禁になってしまって なにか悪くなってるような気もします。

副作用と対策

抗コリン作用

便秘、口渇、胃部不快感などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は医師に相談しましょう。同じ作用を持つ薬の中でも抗コリン作用の出方には差があるため、薬の変更を検討することがあります。

発熱

多くはないとされていますが、急な発熱や発汗、ふるえなどを引きおこす場合があるとされます。

薬の服用量を急激に減らした場合や、中止した場合におこりやすい傾向にあります。発熱はぬれタオルなどによる体表からの冷却が行われます。症状が重い場合では医師との相談のうえ、他の薬への変更または、薬の服用の再開が検討されます。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

引っ越す前でかなり症状が酷いときはろれつがまわらなかったり、てんかんではないですが、倒れたりもありました。 その日の状態にもよるので一概に何日後というのは想定内のものではなかったです。
ジプレキサなのですが、服用し始めたら太ってきまして、先生に話したら「同じ作用だから」と別の薬を出されました。が夜中に寝ていられないぐらい体の中を何かが這うような感覚になり、翌日病院へ行って 戻してもらいました。それから食欲はおさえれるようにはなりましたが、痩せれません。
朝起きた時や、ふとした時に 自分が誰かわからなくなってしまいます 。 最初から順番に話すと 今何時? 学校は? 曜日は? お母さんなんで起こしてくれないの? ここどこ? となります。 それからやっと落ち着いて 、私は社会人で働いてて大人なんだ と気がつきます 多分記憶が高校生に戻ってしまっているんです 。なぜ高校生の記憶に戻ってしますのかは 先生に確認しても不明です。 その為一番印象に残った治療法です。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

診療代、約500円 薬代、約1500円 1ヶ月に1度の通院です。自立支援を受けています。
薬剤 自立支援申し込み前は5000円(一ヶ月)自立支援申し込み後2000円(一ヶ月)
入院:1ヶ月あたり100,000円ほど、通院:薬物療法に2,700円ほど、診察に1,420円

一般的な所要時間

症状に合わせ、症状の寛解がみられるまで行なわれます。

適用される患者

精神科領域におけるうつ病の方またはうつ状態の方
また、1部の薬では妊娠中の方への使用はメリットが上回った場合のみとなる場合があります。

下記の方は適応となりません。
緑内障の方、三環系抗うつ薬過敏症の方、心筋梗塞回復初期の方
※1部の薬では尿閉(前立腺疾患など)の方やQT延長症候群の方、パーキンソン症候群の治療薬であるMAO阻害薬の投与中、または投与中止後2週間以内の方は適応となりません。

更新日:2016年10月26日

参照元:(知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html(閲覧日:2015年11月11日),日本うつ病学会治療ガイドラインII.大うつ病性障害2012Ver.1日本うつ病学会http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf(閲覧日:H27.11.11),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす