あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ぶどう膜悪性黒色腫(ぶどう膜メラノーマ)

ぶどう膜悪性黒色腫とは

ぶどう膜悪性黒色腫は眼のぶどう膜にあるメラニン細胞ががん化したものをいいます。原因のひとつに紫外線があり皮膚の色が白い人がなりやすいため、日本人の発症はまれです。症状として、虹彩悪性黒色腫は、虹彩の黒いしみや瞳孔の変形があります。毛様体悪性黒色腫は、視力低下や白内障があります。脈絡膜悪性黒色腫では視力低下や視野の異常があげられます。

症状と原因

初期症状はあらわれないこともありますが、目のかすみや浮遊物、目の形状の変化などがあげられます。

体験談

体験談を見るにあたって

腫瘍の大きさや発症部位により、腫瘍の摘出手術か眼球摘出手術のいずれかを選択することが一般的です。また小線源治療とよばれる放射線治療や実用化が進んでいる粒子線治療を行うこともあります。
虹彩悪性黒色腫は、虹彩に腫瘍が限局していれば手術でその箇所だけ摘出することが可能ですが、眼球内に腫瘍細胞が散布している場合には眼球摘出手術を行います。
毛様体悪性黒色腫は、腫瘍摘出手術を行います。また、少し大きい場合は放射線治療を組み合わせます。さらに大きい場合には眼球摘出をおこないます。
脈絡膜悪性黒色腫は、小腫瘍の場合は無治療で経過観察し、腫瘍の増大が確認された場合にのみ中腫瘍と考え治療を開始することがあります。中腫瘍の場合では、眼球摘出をした場合と放射線治療をした場合では、生命予後に差のないことがわかっているため、現在では放射線治療を行うことが多くなっています。大腫瘍の場合は眼球摘出が必要です。

現在ぶどう膜悪性黒色腫の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。