あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

扁桃炎で「抗菌薬」による治療を受けた理由

更新日:2016年12月01日

このページでは、扁桃炎の抗菌薬を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-30件目を表示/全33件
  • 扁桃炎になってから、4か所の病院へ通い、それでも治癒することなく体力ばかりが奪われましたが、最後にかかった町の耳鼻咽喉科の先生がのどの洗浄と漢方薬を数種類処方してくださいました。身体への負担が少なく、扁桃炎も完治しました。
  • 内科の処方で治らず、耳鼻科でこの薬を処方されたところ、1週間以上も引かなかったのどの痛みが2日で収まったからです。
  • 嚥下不可のため。
  • フロモックスはお医者さんの処方のみです。市販の解熱剤では痛みなどが失くなっても根本的には治癒していません。この抗生物質を飲むことで原因を改善することができ、市販の薬だけでは行えない治療法だと思ったからです。
  • 溶連菌は抗生物質を飲まなければ再発は腎炎などをひきおこしてしまうので必ず処方された分を飲みきるように医師と薬剤師に言われました。再発や腎炎と聞いてとても怖かったので毎食後きっちりと飲みました。
  • 2日ほど経った頃に喉の痛みが軽減され、熱も上がることがなくなりました。
  • 抗生物質のアモリンを飲み始めてから少しずつのどの痛みが弱まり始めたから。SPトローチは即効性があり、舐めている間はのどがすごく楽になったから。
  • 抗菌薬を服用してもあまり症状は改善されませんでした。
  • 医者にいったときに処方された薬になります。特に自分で選んだわけではなく医師にまかせました。
  • 錠剤の抗菌薬を服用するよりも、点滴注射の方が病気の治りが早いと教えてもらった事と、ちょうど年末で仕事が休みだったので点滴注射をしに毎日病院に通える事が決め手でした。
  • 吸入が一番早く楽になります。喘息持ちではないので、家に吸入器もありませんし。
  • 子どもが欲しくてあまり薬を飲みたくなかったが、テーマパーク勤務で大きな声を出す事が多く一刻も早く治したかったから。
  • 子供の胃腸の常在菌の事を考えると、本当は抗菌薬を飲ませたくなかったが、腎炎の事を考えると最後まできちんと飲ませる事を決めた。 また、扁桃腺の腫れがひどく、本人が苦しがっていた上に、発疹のかゆみで眠れず痒み止めが出たくらいなので、1日も早く症状を緩和させてあげたかった。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 当時、接客業に従事していたこともあり、万が一手術することになったら話せない期間が1週間以上できてしまうし、その間仕事を休むことになったら生活に関わる為、手術だけは絶対にしないでください、と希望しました。 そして薬を出してもらい、3日間自宅療養しました。
  • 月経の大幅な遅れ、それに伴う月経痛がひどくなりその月の月経中は動く事すらままならなくなりました。
  • 強力な抗生物質を処方するので様子を見ましょうと言われました。近くの小規模な耳鼻咽喉科では対応できない扁桃腺の腫れだと診察されていたので藁にもすがる思いでしたが、この薬で快方に向かいました。
  • 喉の腫れによる気管切開を避ける為に点滴による抗生剤等の投与が必要性のある治療だと感じたからです。
  • 早く治ると思ったので、抗生物質を飲むと2、3日で治るということを聞いていました。
  • もっとも手軽で安い治療法であったため。また今まで抗生物質で治療を行ってきたため。
  • 劇的に炎症は治まりましたが、副作用で下痢に悩まされました。下痢は辛いですが、扁桃炎にはまず抗生剤が一番だと思います。
  • 症状が慢性的でより多くのパターンに効果があるという説明を受け、上記の薬を希望しました。
  • 急性扁桃炎なので、炎症を抑えるのが優先、く投薬で様子をみるとのことなので。

    40代男性の家族(この人の治療体験)

  • 市販の風邪薬も解熱鎮痛剤も効かない状態だったため、抗菌剤でのどの腫れの原因を取り除く必要がありました。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • 薬を飲まないと明らかに治らないというくらいひどかったので毎日飲んでいました。
  • 抗生物質を使うのは個人的に好きではありませんが、細菌性の場合は抗生物質でないと菌は死んでくれないし、喉の腫れがひどく、症状もかなり進んでいたので抗生物質で早めに症状を抑えた方が良いと思い、医師の指示に従いました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 再発の可能性はありますが、現状では、手術はせずに点滴治療で治癒できると医師からきいたからです。

    20代男性の家族(この人の治療体験)

  • 扁桃炎にもっとも効果のある抗生剤がアモキシシリンだという事で処方されたので。
  • その治療以外の治療は勧められませんでいたから、選択肢が他にはありませんでした。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 市販薬ではなかなか治らず、ジスロマックを飲むと1日で楽になるので、この治療法を選択しました。
  • 費用が安く、手軽であったことです。 もともと喉は腫れやすかったのですが、扁桃摘出するまでの頻度では無いと判断しました。

もっと読む