あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

扁桃炎を経験した人からのアドバイス

更新日:2016年12月01日

このページでは、扁桃炎にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全75件
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎になってから、空港の病院、大きな病院の耳鼻咽喉科、町の内科、町の耳鼻咽喉科と4つの病院へ通いましたが、最後の町の耳鼻咽喉科以外はのどの洗浄すら行ってくれませんでした。 咳がひどく肋骨にひびが入り整形外科へも行きましたが、肋骨はどうすることもできないとのことでただ安静に過ごしました。 扁桃炎と思われる症状で病院へ行かれる際は早めに病院へ行くこと、そして、通院前にのどの洗浄を行ってくれるか、場合によっては漢方薬の処方も行っているか病院にお問い合わせされることをお勧め致します。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    まずは痛くなった時にすぐに病院へ行くのが最も悪化させないポイントだと思います。受診先は内科でも耳鼻科でもいいですが、吸入等もできるので耳鼻科が個人的にはおすすめです。あと、抗生物質に弱い人は必ず先生に申し出て、副作用を軽くするお薬を一緒に出してもらうとよいと思います。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃腺手術は手術が長時間におよぶと、味覚障害や歯が少し欠けてしまうようなことも(少ない確率ですが)起こりうるようです。大人になってからの手術は色々と大変なようなので、原因が扁桃腺だと分かったら早い時点で扁桃腺手術を検討してもよいのではないかと思います。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎と診断されないだけで、ただ喉の風邪だね、と言われたり、気付かない場合がありますが、医者から処方された薬を飲んでも改善されない場合は我慢せずもう一度受診することをオススメします。 ましてや今回は2歳の子供なので、痛いとは言えても事細かくは伝えることが出来ません。そんな時は二度手間にならないよう、納得いくまで先生から説明を受けるようにしていました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    喉がおかしいと思えば甘く見ずにすぐに耳鼻咽喉科へ。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎治療は、市販の薬だけでは対処療法だけとなり完治に至りません。喉がとても痛く、酷い場合には扁桃腺が腫れ空気の通りを悪くすることも考えられます。 無理して水分や食事を取ろうとすると喉に刺激を与え逆に悪化させることもあります。 無理をせずにお医者さんに相談して最善で安全な治療、薬の処方を検討することが大事です。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    発症してからでないと気づかないと思うのでそれ以前には防ぎようがないですが、普段からどこにでも存在するウイルスなので日頃の手洗いうがい、体調管理が大切だと思いました。免疫が下がっていると感染してしまうようです。 家族には同じタオル、食器は使わないように心がけました。
  • 水分補給、うがいによる治療を受けた方からのアドバイス

    うがいは副作用もなく、治療費もかからなく子供には簡単で良かった。大人であれば、うがい薬の使用も検討してもよいのかもしれません。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎は毎年のようにかかります。特に右の扁桃腺が大きいと言われるため、右ばかり腫れます。 体の中にばい菌が入らないように扁桃腺が頑張ってくれているのはわかるのですが、乾燥やうがい、こまめな水分補給を怠ったため、罹患してしまったのかなと思います。 冬場の乾燥を防ぎ、少しでも喉の痛みを感じるようであれば、早めにマスクやうがい薬での対応を心がけ、喉ヌールスプレーも活用しながら、扁桃腺を労っていこうと思います。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    熱は出ないがのどの調子がおかしいなど、少しでも違和感を感じたときはすぐに病院に受診したほうがいいと思います。我慢して悪化するほど辛いおもいが長引いてしまいます。のどが痛いと食欲が落ちてしまって、治りも悪くなってしまいます。なので、早めの受診をおすすめします。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    同じ症状に悩んでいる友達がいたので経験から手術を勧めました。手術後は本当に熱が出ず、救急車を呼ぶこともなくなり本当によかったと喜んでいます。もし悩んでいる方がおられるならされることをお勧めします。 これから先も扁桃炎と付き合っていくのか、少々の苦痛は伴いますが、1週間の入院で快適な生活を送れるようにするのかご自身での判断になりますが私は後者を選んで本当によかったと思います。
  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    発熱や痛みを抑えるのにはロキソニンは効果が高いですが、飲みすぎると胃痛を伴います。 服薬の間隔は6~8時間おいて飲むように言われていますが、私の場合はもともと胃が弱いので服薬間隔を守っていても飲み続ければ胃が痛くなります。 胃が弱い方は様子をみながら服薬することをおおすすめします。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    以前から私は扁桃腺が腫れやすい体質だったため、症状が治まるまで扁桃炎が長引きました。 症状が軽い場合は抗菌薬で収まる方もいると思います。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    術後はすごく痛いので覚悟が必要ですが痛みは1ヶ月程度でおさまってきます。夜寝る時が乾燥して1番痛むので喉を潤すぬれマスクをして寝ると少しはマシになります。ゼリーやアイスが食べやすいので入院する時に持っていくと良いと思います。
  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎は昔は切除手術をする人も少なくなかったという話も聞きますが、その点について私も医師に相談しました。 現代の医療では特に勧めてはいないようですが、頻度が多い人や状態がひどくなってしまった場合には、手術をしたほうが高熱なども出にくくなるし、おすすめとのことでした。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃腺の炎症がひどくなる前に受診したほうがいいと思います。 また地味ですが普段からうがいや手洗いに気をつけるといいと思います。 頻繁に扁桃腺があれてしまう場合は思い切って休暇をとり扁桃腺摘出術がいいそうです。 腫れている時に手術はできないので都合のいいときに受診し、検査をうけ、計画的に手術ができると思います。
  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    熱が何日も続くのでとてもしんどく、仕事を休めない中でひたすら休息を取るのは大変だと思いますが、とにかく無理をしないことと扁桃腺の腫れを悪化させないように療養中はマスクをし喉の乾燥を防ぎ、扁桃腺を冷やした方が早く良くなると思います。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    錠剤の抗菌薬よりも早く効果が現れるので、毎日病院に通う事ができる人にはお勧めです。 ただ、体質的に抗菌薬の副作用が強く出やすい人や注射が苦手な人は錠剤の方が良いかもしれません。 因みに点滴注射は一時間程度かかりましたので、時間に余裕がある人向けだと思います。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    のどが腫れると熱が出るし、とてもしんどいと思います。でも、のどの他に症状が出てなかったら、なんか、仕事しないといけにような気がしますよね。 また、仕事柄どうしても、喋らずにはおられない人も多いと思います。私もその一人です。早いうちから専門の先生にご相談されて、大きな病気の予防にもつなげながらお大事にされて欲しいです。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    手術の後に何日か喉が痛いですが、日を追うごとに改善していくので大丈夫です。摘出後は感染しにくくなりとても身体の調子が良いです。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    抗生物質の効果は強く感じられましたが、慢性化しやすいのかもしれません。 自己判断で解熱剤を飲むだけではなくすぐに病院で症状を診断してもらい、治療中は薬を飲みながらとにかく喉を休めるのが1番ではないかと思います。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃腺がひどく腫れる事により、水分が取れなくなり脱水になることもあると主治医から聞いた。 息子の場合、痛がりながらも水分はとれたので、薬を飲んで以降は、飲み物も食べ物もすぐにとることができた。 元々、耳鼻科で扁桃腺が大き目と言われ、よく腫れたりしない?と聞かれていた。 大きいままだと手術で扁桃腺を取る事もあると言われていたので、最初に喉が痛いと言い出したときは焦った。 その後は、手術する程ではないと言われ、経過観察を続けているが、のどの痛みを訴えられる度にドキッとする。 溶連菌による扁桃腺の腫れの場合は、検査結果もすぐに出て、薬もよく効くので、早目の受診をお勧めする。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    病院によって処方される薬や期間に多少の違いはあるかと思いますが、手術より安く治療できるメリットは共通です。 3日間抗生剤を飲んでも改善されなかったり何度も繰り返す場合は手術のほうがいい場合もあると思いますが、まずは薬で様子を見ることをお勧めします。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私は去年扁桃炎になったしまってから、毎月のように熱が出たりするので、病院代がかさむことを気にして、病院に行くのはたまにになっていましたが、そのおかげで慢性化してしまっているので、扁桃炎になったらなる度に診察を受けて治療するのをオススメします。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    どれくらいの頻度で扁桃腺炎を腫らしているか、専門の医師と、摘出した方がいい場合、しないほうがいい場合をよく話し合って治療方針を決めることが大事だと思います。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    とにかく、扁桃炎のひどい方には早めの手術をおすすめしたい。手術というと抵抗もあると思うが小学生でも簡単に受けられるので、安心して受けてほしいと思う。摘出してしまえば、高熱や痛みに悩まされることもなくなるので、早めに受けるべきだと思う。
  • 扁桃摘出術による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎は慢性的になると厄介です。年に4回以上発症する人は摘出手術をすることをオススメします。 扁桃腺に菌が常駐するようになると年に何度も発症します。一応私は全身麻酔でした。 気になる方は主治医の方と相談してみてください。
  • 水分補給、うがいによる治療を受けた方からのアドバイス

    小さいこどもがいたり、仕事が忙しかったりして喉の痛みくらい我慢してしまう方も多いと思いますが、私のように水分が取れなくなるまで我慢してしまうと、痛みだけではなくて、ふらふらしたり脱水になって、入院なんてことになったら、育児も仕事も結局できなくなってしまうので、我慢しすぎず、早めに病院へ行かれることをお勧めします。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃腺が腫れる体質の方は扁桃腺を摘出してしまうことがベストだとは思いますが、短期的に考えた場合は抗生物質で十分に対処することができます。 とにかく扁桃腺に違和感や僅かでも痛みを感じた場合には直ぐに内科や耳鼻咽喉科を受診されることをお薦めします。我慢して放置しても症状が悪化するだけです。
  • 抗菌薬による治療を受けた方からのアドバイス

    扁桃炎は喉の腫れにより気管を塞いでしまうため放っておくと死亡するケースもあるということを受診の過程で知りました。 まず違和感を感じたら早期に受診することが大事だと思いました。 受診も内科ではなく咽喉科のある病院の方が診断も早く処置も適切だと感じました。 たかが喉の痛みと甘く見ず重症化しないよう気をつけてください。

もっと読む