あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

扁桃炎の体験談

内科の処方で治らず、耳鼻科でこの薬を処方されたところ、1週間以上も引かなかったのどの痛みが2日で収まったからです。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2016年8月
抗菌薬メイアクトMS錠100mg
満足度

痛みがすぐに引いたのは満足でしたが、その後の副作用が強かったです。

副作用

治療履歴

2016年8月3日に内科受診
ロキソプロフェンNa錠60mg「アメル」、ジェニナック錠200mg
8月9日に耳鼻科受診
吸入、点滴、メイアクトMS錠100mg

病気と症状について

7月末からのどの痛みが強くなりました。他に悪いところはなく、のどだけが焼けるように痛い日々が続きました。3日ほどたち、つばを飲み込むのも難儀するほどの強い痛みに襲われ、食欲も減退、仕事にも集中できず、気づいたら横になっている事が増え、8月3日に内科を受診し、扁桃炎と診断されました。

なぜ抗菌薬を選んだか

内科の処方で治らず、耳鼻科でこの薬を処方されたところ、1週間以上も引かなかったのどの痛みが2日で収まったからです。

抗菌薬の効果について

内科からの薬を飲んで5日、まだ痛みが残っていたので、耳鼻科を受診しました。耳鼻科では投薬に加え点滴、吸入も行いました。投薬を始めて2日でのどの痛みは消えました。ただ、そこからは副作用との戦いでした。2日ほど軟便が続き、ガスがたまりトイレから出られなくなりました。市販薬のビオフェルミンを飲んで改善しました。

治療期間

投薬期間:3日間

治療に関する費用

通院:3回で合計4,000円 投薬:3回で合計6,000円

副作用について

治療を始めて2日後、トイレに行くたびに軟便が出るようになり、4日後にはお腹の中でガスがたまりおならが止まらなくなり、体重も一気に2キロほど増えました。その後半日ほど下痢になり、体重も元に戻りました。おそらく腸内の乳酸菌等も抗生物質で不足したためと思われます。

扁桃炎を患っている方へのアドバイス

まずは痛くなった時にすぐに病院へ行くのが最も悪化させないポイントだと思います。受診先は内科でも耳鼻科でもいいですが、吸入等もできるので耳鼻科が個人的にはおすすめです。あと、抗生物質に弱い人は必ず先生に申し出て、副作用を軽くするお薬を一緒に出してもらうとよいと思います。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年08月16日
気になる点を報告

扁桃炎について実際に質問してみる

扁桃炎の体験談をもっとさがす

抗菌薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす