あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

扁桃炎の体験談

幼い頃から扁桃炎がひどく、慢性化するのを防ぐ為に扁桃腺を摘出しました

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2001年12月
扁桃摘出術扁桃摘出術

扁桃炎とは

口蓋垂の左右に1個ずつある扁桃(口蓋扁桃)の周辺に存在する常在菌が、風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけになり悪さをして、扁桃に炎症をおこす病気です。「急性扁桃炎」は扁桃の炎症が特に強いタイプをいい、「慢性扁桃炎」は急性扁桃炎が慢性化したもので、口蓋扁桃の炎症を繰り返すものや持続するものをいいます。

扁桃炎の症状

満足度

今は何ともなく、今の状況に満足しているため。

副作用

治療履歴

2001年12月

病気と症状について

幼い頃から扁桃炎がひどく、大人になるにつれて、症状も酷くなるので早めに手術をしてしまった方がいいということでしました。あまり覚えてはいませんが元々喉が弱かったのは覚えています。
小さい頃から泣き声も、話す声も小さく、大声が出せないタイプでした。今もすぐに喉がやられてしまう体質は変わっていませんが、周りにも扁桃炎の友人がおり、苦しんでいるので早めに手術をしておいて良かったと思います。

参考:扁桃炎にかかった他の人の症状は...?

ずっと喉の痛みが続き、病院に行く時間もなかったため、1週間以...

(続きを読む)

最初は2014年、9月頃でした。 夕方から体調が悪くなり、...

(続きを読む)

扁桃炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ扁桃摘出術(扁摘)を選んだか

手術を行うまで幼い頃だったせいか、治療を覚えていないため。手術も簡単なもので幼い私でも何ともななったと思う。

参考:他の人が扁桃摘出術を選んだ理由は...?

学生で長期休みが利用出来るのもあり、社会人になって熱を出して...

(続きを読む)

選択肢は手術しかなく、ほぼ強制的に行いました。でも術後は本当...

(続きを読む)

他の人が扁桃摘出術を選んだ理由をもっと読む

扁桃摘出術とは

扁桃を外科的に摘出します。全身麻酔で行うことが多く、呼吸するための気道をチューブで確保します。手術操作は口からのみ行いますので、顔や首に切開が入ることはありません。

「扁桃摘出術」の概要

扁桃摘出術(扁摘)の効果について

うろ覚えではあるが、術後は元気があり、体力もそれほど取られなくて済んだ。1週間ほど入院はしていたが、診察を行って何も問題なく退院できた。喉ということで、術後しばらくはご飯が食べづらかったが、食事も普通のものが(柔らかすぎるわけでもなく)出されたのでよかった。

参考:他の人が感じた扁桃摘出術の効果は...?

全く熱が出なくなりました。 喉がたまに風邪を引くと痛いな...

(続きを読む)

現在は扁桃がないので、腫れることも痛むこともなにもないので、...

(続きを読む)

他の人が感じた扁桃摘出術の効果をもっと読む

治療期間

入院期間:1週間程度

治療に関する費用

数万円だと思う。小さかったため覚えていない。

副作用について

特になく、ただ幼かかったせいか術後なかなか食事が喉を通らなかった。

参考:他の人が感じた扁桃摘出術の副作用は...?

特にありません。...

(続きを読む)

手術翌日は失声症になったり、痛みで痙攣が起きました。しばらく...

(続きを読む)

他の人が感じた扁桃摘出術の副作用をもっと読む

扁桃炎を患っている方へのアドバイス

とにかく、扁桃炎のひどい方には早めの手術をおすすめしたい。手術というと抵抗もあると思うが小学生でも簡単に受けられるので、安心して受けてほしいと思う。摘出してしまえば、高熱や痛みに悩まされることもなくなるので、早めに受けるべきだと思う。

参考:扁桃炎を経験した他の人のアドバイスは...?

病院によって処方される薬や期間に多少の違いはあるかと思います...

(続きを読む)

私は去年扁桃炎になったしまってから、毎月のように熱が出たりす...

(続きを読む)

扁桃炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月22日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

扁桃炎の体験談をもっとさがす

扁桃摘出術(扁摘)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす